埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

JR東日本 北戸田駅から徒歩1分

インプラントブログ BLOG

無料カウンセリング

インプラント手術後の過ごし方!適切な食事や生活は?

手術後の注意点・管理法

インプラント手術後の過ごし方


こんにちは、北戸田COCO歯科院長の田口です。

この記事では、「インプラント手術後の過ごし方」というテーマで詳しく紹介していきます。

「手術後って普通に食事できるの?」
「生活への制限はあるのかな?」
「いつからタバコやお酒はOKになるの?」

 

といった疑問をお持ちの方のお役に立てれば幸いです。

具体的には、

食事編
生活編

という形で、

いつまで
どんな風に過ごせばいいのか

をわかりやすく解説しています。ぜひ最後までご一読ください!

【注意】
インプラント手術後に症状が落ち着くまでの期間は、個人差があります。本記事で紹介しているのは、インプラント手術後に注意すべき”目安の期間”です。


 

【執筆・監修者】田口 耕平
北戸田COCO歯科 院長
【経歴はこちら】

 

 

1-1:インプラント手術後の過ごし方!食事編

 

インプラント手術後の食事

 

インプラント手術後の食事では、主に

 

食べ物や飲み物
お酒

 

の2点について、特に注意が必要です。

気をつけるポイントは、この後に詳しくお話していきますね。

 

1-1:食べ物や飲み物は2~3日刺激物を避けて柔らかいものを

インプラント手術後すぐは、麻酔が効いています。

唇やほっぺを噛んでも感覚がなく傷ができやすいので、麻酔が完全に切れるまでの約1~2時間は、食事を控えた方が良いでしょう。

インプラント手術後から約2~3日は、

 

● 刺激物を避け
● 柔らかいものを中心とした食事

 

を手術した部位とは逆側の歯で食べるのがオススメです。

また、手術から約3~6ヶ月すると、埋め込んだインプラントが顎の骨にしっかりくっつきます。

硬いものを食べても、自分の歯と変わらない感覚で食事が楽しめるようになるでしょう。

手術後に適した食事例
・おかゆ
・麺類(うどん、そうめんなど)
・スープ類
・ゼリー
 
✕ 手術後は避けたい食事例
・香辛料を使用した激辛料理
・フランスパン
・ナッツ類
・おせんべい
・お餅などの粘着性が強い食べ物
・極端に熱いまたは冷たい食べ物や飲み物
・炭酸などの刺激的な飲み物
 
 
1-2:お酒(飲酒)は約1週間は控えておくのがオススメ

インプラント手術後のお酒(飲酒)は、1週間程度は控えるのがオススメでしょう。

なぜなら、アルコールを摂取すると血の巡りが良くなり、

 

● 腫れたり
● 出血しやすくなったり
● 炎症を起こしたり
● 傷の治りが悪くなったり

 

する可能性があるからです。

また、インプラント手術後は、処方された内服薬を飲み切ることで

 

● 感染症
● 痛みや腫れ

 

を予防できます。

薬の効果を正しく発揮させるためにも、アルコールと薬の同時接種は控えるようにしましょう。

 

2:インプラント手術後の過ごし方!生活編

 

インプラント手術後の生活

 

インプラント手術後の生活では、主に

 

痛みや腫れ
運動
お風呂(入浴)
歯磨きやうがい
喫煙(タバコ)


の5つのポイントに、注意が必要です。

どういう風に過ごせばいいのか、一つひとつお話していきますね。

 

2-1:痛みや腫れは約1週間で落ち着くケースが多い

インプラント手術後の痛みや腫れは、1週間程度で落ち着くのが一般的です。

術後に麻酔がきれると痛みが現れはじめますが、処方された痛み止めや炎症止めを飲んでいれば、ほとんどの痛みや腫れはおさまります。

ただし、

● 埋め込んだインプラントの本数が多い
● 骨を増やす手術も同時に行った(骨造成や骨移植)

 

場合には、腫れや痛みが通常よりも長引くケースがあります。

あまりにも強い痛みや腫れを感じる場合には、我慢せずかかりつけ医に相談をしましょう。

 

違和感や不快感について

違和感や不快感は、手術から抜糸されるまでの約1~3週間は続くケースが多いです。

ほとんどの場合は一過性の症状なので、気になっても手術部位を指や歯ブラシで触って刺激しないように注意しましょう!

 

2-2:運動は約2~3日控えて安静に

インプラント手術後の軽い運動(ジョギングやウォーキング等)は、2~3日程度控えておくのがオススメです。

激しい運動(バスケ、サッカー、水泳等)については、1週間程度は避けておくのが無難でしょう。

なぜなら、アルコールと同じように運動をすると血の巡りが良くなってしまい、腫れや炎症を引き起こす可能性があるからです。

お仕事や日常生活などについては、

● デスクワーク
● 軽い家事


くらいであれば、手術当日または翌日から普段どおりに動いても大丈夫です。

ただし、

● 長時間労働による疲れ
● 夜ふかしによる睡眠不足


が重なると、免疫力が落ちて傷の治りが悪くなるので注意をしてくださいね!

 

2-3:お風呂は約2~3日入浴を避けよう

お風呂につかるのも運動やアルコールと同じく、血の巡りを促進する効果があります。

傷の状態が落ち着くまでの2~3日は、入浴は避けてシャワー程度で済ましておくのがオススメでしょう。


2-4:歯磨きやうがいは約1~3週間手術部位を刺激しない

インプラント手術後は抜糸をするまでの約1~3週間、歯磨きやうがいで手術部位を刺激しないように注意するのが基本です。

なぜなら、

● 強く口をゆすいだり
● 手術部位に歯ブラシが当たると

 

治りかけていた傷口が開いて、傷の治りが悪くなってしまう可能性があるからです。

基本的には以下のポイントを意識して、担当医の指導に従い、お口の中を清潔な状態に保っておくと良いでしょう。

 

歯磨き

・歯磨き粉はつけない
・手術した部位の歯磨きは避ける
(他の部位を磨くのはOK)

 

うがい

・頻繁にしない
・強くゆすぐのはNG
・優しく水を吐き出す程度

 

2-5:喫煙(タバコ)は節煙・禁煙が理想

インプラント手術後は、できる限りの節煙・禁煙が理想でしょう。

なぜなら、インプラント手術後にタバコを吸ってしてしまうと、

● 傷の治りが悪くなる
● インプラントが定着しにくくなる
● 感染症のリスクが上がる
● 歯周病やインプラント周囲炎が悪化する


などの問題が起き、術後のトラブルに発展しやすいからです。

もっといえば、手術前から禁煙や節煙をしておくと、インプラントの寿命も延ばしやすくなります。

とはいえ、自分の力だけで、禁煙や節煙をするのは簡単ではありませんよね…。

そういった場合には、インプラント治療をキッカケに、専門家の力を借りてタバコをやめてみてはいかがでしょうか?

一定の条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けられますよ!

あわせて読みたい

 

 

3:インプラント手術後の注意すべき症状は?

 

インプラント手術後に注意したい症状

 

インプラント手術後に、

痛み止めを飲んでも激しい痛みを感じる
薬を飲んでから下痢や湿疹が出る
下唇がしびれる
よだれが止まらない
鼻から、血や膿が出てくる


といった症状が、しばらくおさまらなかったり、どんどん悪化していく場合には注意が必要です。

● お薬が合っていない
● 手術部位や周辺組織に問題が起きている


といった状況になっている可能性があります。

すぐにかかりつけ医に連絡をして、指示をあおぎましょう。

 

4:インプラント手術後の過ごし方の結論

それでは最後に、インプラント手術後の過ごし方について簡単に要点をおさらいしていきます。

 

まとめ

食事は、
2~3日は刺激物を避けて柔らかいものを
お酒は1週間程度控える

のが基本でした。

生活面では、
痛みや腫れは約1週間で落ち着きます
入浴や運動は約2~3日は控えて
歯磨きやうがいは約1~3週間は優しく
タバコは禁煙・節煙をする

がポイントでしたね。

手術後に痛みや気になる症状が、
しばらくおさまらない
どんどん悪化していく

場合には、念の為かかりつけ医に相談しておくと安心でしょう!


以上で説明を終わります!

本記事以外で紹介した項目以外でも気になることがございましたら、ぜひ直接当院までご相談ください。

患者さまの不安なお気持ちが少しでもやわらぐように、サポートさせていただきますね

 

執筆協力:森崎ことり(ライター)