埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

JR東日本 北戸田駅から徒歩1分

インプラントブログ BLOG

無料カウンセリング

オールオン4・6のメリット・デメリット!よくある質問に歯科医師が回答

インプラント以外の治療法

オールオン4・6のメリット・デメリット!よくある質問に歯科医師が回答

 

  • 歯をほとんどまたはすべて失った方
  • 総入れ歯に不満がある方


は、担当医にオールオン4・6を勧められたことはありませんか?

とはいえ、

  • オールオン4・6がどういった治療法なのか
  • メリット以外にデメリットはないのか
  • 治療費や治療期間はどのくらいかかるのか
  • 治療中の痛みはないのか


など詳しい情報がわかっていないと、実際にオールオン4・6を選んで良いのか迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、日本口腔インプラント学会所属の歯科医師・田口が、

①そもそもオールオン4・6とは?
②【総入れ歯と比較】オールオン4・6のメリット・デメリット
③【インプラントと比較】オールオン4・6のメリット・デメリット
④オールオン4・6のよくある質問3選


の順にオールオン4・6の治療を検討している方に役立つ情報を紹介していきます。

歯科医師:田口
歯科医師:田口

ぜひ本記事を参考に、納得した治療の選択ができるようにしましょう!

 

歯科医師:田口耕平

【執筆・監修者】田口 耕平

北戸田COCO歯科 院長
【経歴はこちら】

 

1:そもそもオールオン4・6とは?

そもそもオールオン4・6とは?

そもそもオールオン4・6とは、

  • 歯をほとんどまたはすべて失ってしまった方
  • 総入れ歯に不満がある方


に選ばれているインプラントを4本~6本埋入する治療法のことです。

歯科医師:田口
歯科医師:田口

総入れ歯と比較すると、次のような違いがあります。

 

2:【総入れ歯と比較】オールオン4・6のメリット・デメリット

【総入れ歯と比較】オールオン4・6のメリット・デメリット

オールオン4・6を総入れ歯を比較した場合には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

2-1:5つのメリット

総入れ歯と比較した際のオールオン4・6の最大の魅力は、総入れ歯のデメリットを補える点です。

具体的には、オールオン4・6の場合は以下の5つのメリットを得られます。

5つのメリット

①固定式のため、会話や食事への影響がほとんどない
②入れ歯特有の痛みや違和感がない
③天然歯に近い自然な見た目になる
④顎骨が痩せにくくなる
⑤手術後すぐに仮歯が入り、噛めるようになる


そのため、

  • 噛む
  • 食べる
  • 人前で話す
  • 歯を見せて笑う


といった行為においてストレスを抱えたくない方は、総入れ歯よりもオールオン4・6を選んだほうが満足度が高くなるでしょう。

 

歯科医師:田口
歯科医師:田口

では次に、総入れ歯と比較した際にオールオン4・6を選ぶデメリットを紹介します。

 

2-2:5つのデメリット

総入れ歯と比較した際のオールオン4・6のデメリットは、以下の5つです。

5つのデメリット

①保険適用の総入れ歯よりも治療費が高い
②外科手術が必要になる
③総入れ歯より適用範囲が狭い
④治療を行える歯科医師が限られている
⑤治療後のメンテナンスを積極的に行う必要がある


というのも、総入れ歯は保険適用かつ外科手術が必要ありません。

そのため、適用範囲が広くどこの歯医者でも一定レベルの治療を安価な値段で受けられるのです。

一方で、オールオン4・6は専門的かつ高度な自費診療になります。

より良い治療を受けるためには、

  • 外科手術や精密検査に必要な設備が整っている
  • 経験や技術がある歯科医師いる


歯医者を選ばなければなりません。

また、歯を長持ちさせるためには、天然歯と同様に定期検診や歯磨き等のメンテナンスが必要になります。

つまり、

  • 外科手術は受けたくない
  • できるだけ安いほうがいい
  • 年2~4回の定期検診に通う自信がない


という場合には、オールオン4・6よりも総入れ歯を選んだほうが満足度が高くなる可能性があります。

総入れ歯とオールオン4・6の費用相場の比較

  総入れ歯 オールオン4・6
費用相場 約3,000円(1割負担)約9,000円(3割負担) 約220万~330万円
当院の治療費 保険適応のため、治療費は全国一律です。 約230万円
 

※治療費は目安の金額です。お口の状態や患者さまのご希望によって、大きく前後する場合がございます。
※上記は、税込の金額です。

 

 

歯科医師:田口
歯科医師:田口

では次に、インプラントと比較した場合のオールオン4・6のメリット・デメリットを紹介していきます。

 

3:【インプラントと比較】オールオン4・6のメリット・デメリット

【インプラントと比較】オールオン4・6のメリット・デメリット

オールオン4・6をインプラントと比較した場合には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

3-1:3つのメリット

オールオン4・6とインプラントは、両方とも

  • 自費診療
  • 外科手術が必要
  • 顎骨にインプラントを埋め込む


という点においては同じです。

しかし、オールオン4・6はインプラントよりも以下の3つの点でメリットが大きい治療法だと言えます。

3つのメリット

①治療費を抑えられる
②手術負担を軽減できる
③手術後すぐに仮歯が入り、噛めるようになる


というのも、オールオン4・6は歯がすべてない方でも、4~6本のインプラントを埋め込むことで治療が終わります。

一方で従来のインプラントのみで治療を行う場合は、片顎約10本以上のインプラントを埋めなければなりません。

つまり、

  • 費用
  • 外科手術


の負担を考えると、歯がほとんどないまたはすべてない方の場合はオールオン4・6のほうがメリットが大きいケースが多いのです。

また、オールオン4・6は手術した当日に人工歯(仮歯)を入れられます。

しかし、通常インプラントはあご骨とインプラントの結合を待ってから人工歯を入れるため、術後4~6ヶ月はしっかり噛めない状態が続いてしまうのです。

歯科医師:田口
歯科医師:田口

上記の理由から残っている歯の本数が少ない・全くない方は、インプラントよりオールオン4・6を選んだほうが良いケースが多いと覚えておきましょう!

 

3-2:2つのデメリット

インプラントと比較した際のオールオン4・6のデメリットは、以下の2つです。

デメリット

①残っている歯をすべて抜歯しなければならない
②治療を行える歯科医師が限られている


オールオン4・6は、歯がすべてない状態でないと治療できません。

そのため、歯が残っている場合は抜歯が必要になります。

ただし、状態の悪い歯は残しておくと、痛みや腫れの原因になったり顎骨にも悪影響を与えたりする可能性が高いので抜歯したほうが良いケースもあります。

また、オールオン4・6は高度な技術や知識が必要とされることから、インプラントに比べると治療を受けられる歯医者が少数だという点がデメリットだと言えます。

歯科医師:田口
歯科医師:田口

では次に、オールオン4・6のよくある質問にお答えしていきます。

 

4:オールオン4・6のよくある質問3選

オールオン4・6のよくある質問3選

オールオン4・6についてよくある質問は、以下の3つです。

①年齢制限はありますか?
②手術は痛くないですか?
③入院は必要ですか?どのくらい手術時間がかかりますか?

 

歯科医師:田口
歯科医師:田口

一つひとつお答えしていきますね!

 

4-1:年齢制限はありますか?

A.あご骨の成長が終わる20歳前後からであればオールオン4・6の治療が受けられます。高齢者の年齢制限は特にありません。

ただし、

  • 全身疾患がある
  • 顎骨の量や高さが少ない・足りない


場合には、

  • 患者さまのかかりつけ内科医との相談が必要になったり
  • あご骨を増やす手術を同時に受けていただいたり


するケースがあります。

実際にオールオン4・6が適応するか否かは、直接お口の中を拝見しないと断言できません。

歯科医師:田口
歯科医師:田口

気になる方は、ぜひ一度無料カウンセリングをご利用くださいね!

 

4-2:手術は痛くないですか?

A.外科手術の痛みの強さは、「一般的な抜歯と同じくらい」です。

ただし、手術中は局所麻酔をしっかり効かせているため、痛みを感じることはありません。

また当院の場合、ご希望の方に限り歯科治療に対する恐怖心や不安・緊張感を抑制してくれる静脈内鎮静法(じょうみゃくないちんせいほう)を利用できます。

痛みへの不安感が強い方も、リラックスした状態で治療を受けられるでしょう。

4-3:入院は必要ですか?どのくらい手術時間がかかりますか?

A.入院は必要ありません。お口の中の状態にもよりますが、通常は約1.5時間~3時間で手術が終わります。

また、手術後はしばらく院内で安静にした後、仮歯を装着してからご帰宅いただきます。

5:オールオン4・6のメリット・デメリットの結論

それでは最後に、オールオン4・6のメリット・デメリットの重要な点を簡単におさらいしていきます。

本記事のまとめ

オールオン4・6とは、

・歯をほとんどまたはすべて失ってしまった方
・総入れ歯に不満がある方

に選ばれているインプラントを4本~6本埋入する治療法です。

総入れ歯と比較した際には、

①固定式のため、会話や食事への影響がほとんどない
②入れ歯特有の痛みや違和感がない
③天然歯に近い自然な見た目になる
④顎骨が痩せにくくなる
⑤手術後すぐに仮歯が入り、噛めるようになる

といった5つのメリットがある一方で、

①保険適用の総入れ歯よりも治療費が高い
②外科手術が必要になる
③総入れ歯より適用範囲が狭い
④治療を行える歯科医師が限られている
⑤治療後のメンテナンスを積極的に行う必要がある

といったデメリットがあります。

またインプラントと比較した際には、

①治療費を抑えられる
②手術負担を軽減できる
③手術後すぐに仮歯が入り、噛めるようになる

といった3つのメリットがある一方で、

①残っている歯をすべて抜歯しなければならない
②治療を行える歯科医師が限られている

といった2つのデメリットもあるのです。

そのため、オールオン4・6を検討する際には、それぞれの治療法の長所・欠点をよく比較検討することが、納得のいく治療をスタートさせるポイントになります。

 

以上、今回はオールオン4・6のメリット・デメリットについて紹介しました。

もし本記事を読んで悩まれている場合には、『オールオン4・6で後悔しないための5つのポイントを徹底解説』の記事を参考に、信頼できる担当医を探して相談するのがおすすめです。

ぜひ、あなたのご希望やお口の状態に合う治療法を一緒に考えてもらってくださいね!

歯科医師:田口
歯科医師:田口

もちろん当院でも、オールオン4・6を含む幅広い選択肢の中から治療法を選んでいただけます。

まずは、お気軽にご相談くださいね!

 

執筆協力:森崎ことり(ライター)