埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

JR東日本 北戸田駅から徒歩1分

インプラントブログ BLOG

無料カウンセリング

【インプラント2回法】1回法との違いや2回手術する理由を徹底解説

治療法の比較

【インプラント2回法】1回法との違いや2回手術する理由を徹底解説

インプラント手術について調べていると、

  • 1回法
  • 2回法


という言葉を目にすることがありますよね?

とはいえ、一般の方からすると、

1回法って何?2回法と何が違うの?

2回法だと、なんで2回も手術しなきゃいけないの?

などの疑問が、頭の中をよぎることがあると思います。

そこで本記事では、日本口腔インプラント学会所属の歯科医師・田口が「インプラント手術の1回法と2回法の違い」を徹底解説してみました。

歯科医師:田口
歯科医師:田口

「自分が受けるインプラント手術について、事前にちゃんと知っておきたい」という方は、ぜひ参考にしてくださいね!

歯科医師:田口耕平

【執筆・監修者】田口 耕平

北戸田COCO歯科 院長
【経歴はこちら】


1:インプラント手術!1回法と2回法の違い

インプラント手術!1回法と2回法の違い

インプラント手術における1回法と2回法の違いは、以下のとおりです。

1回法と2回法の違い

・1回法:手術が1回
・2回法:手術が2回


とはいえ、上記の説明だけだと

そんなの分かってるよ。

もっと具体的な違いを教えてほしいの!

と言われても、おかしくないですよね。

歯科医師:田口
歯科医師:田口

そういった方のために、まずは1回法と2回法のメリット・デメリットを詳しく紹介していきますね!

1-1:1回法手術のメリット・デメリット

1回法手術のメリット・デメリットは、以下のとおりになります。

1回法のメリット

・手術が1回で済むので、患者さまの身体的負担が少ない
・手術が1回で済むので、通院回数が少なく治療期間も短くなる
・単純構造なので、2回法に比べて治療費が安くなる
・下部構造が一体型になるので、耐久性が高くなる


1回法のデメリット

・アゴ骨や歯ぐきが少ないと、1回法手術を選択できないケースがある
・骨移植やアゴ骨を再生する手術が必要だと、感染リスクが上がる


1-2:2回法手術のメリット・デメリット

一方で、2回法手術のメリット・デメリットは、以下のとおりです。

メリット

・アゴ骨や歯ぐきが少ない場合でも、手術が可能で適応範囲が広い
・歯ぐきを閉じてインプラントの定着を待つため、感染リスクが低い


デメリット

・2回手術をするので、患者さまの身体的負担が大きい
・1回法に比べて、治療費が高い
・1回法に比べて、通院回数が多く治療期間も長くなる


なんとなく1回法と2回法の違いは分かったけど、結局どっちを選んだほうがいいの?

歯科医師:田口
歯科医師:田口

その答えは、この後に解説していきますね!

1-3:Q.1回法と2回法どちらでインプラント手術を受けたほうがいい?

A.アゴ骨や歯ぐきが十分にあり、1回法が可能だと判断された場合には1回法を検討してみるのがおすすめです。

なぜなら、1回法は2回法より

  • 手術の身体的負担の少なさ
  • 通院回数の少なさ
  • 治療期間の短さ
  • 治療費の安さ


など、様々な点でメリットが大きい治療法だからです。

ただし、どの手術法が選択できるかは、担当医の判断によって異なります。

気になる場合には、一度インプラント専門の歯医者で検査・診断を受けてみましょう!

歯科医師:田口
歯科医師:田口

では次に、1回法と2回法の治療期間や手術の流れを簡単に比較していきますね!

2:1回法と2回法の治療期間やインプラント手術の流れを比較

1回法と2回法の治療期間やインプラント手術の流れを比較

1回法と2回法では、治療期間や通院回数に以下のような違いがあります。

1回法と2回法の通院回数や治療期間の比較

 

1回法

2回法

通院回数

約5回~6回

約9回~10回

治療期間

約2ヶ月~4ヶ月

約4ヶ月~5ヶ月


※上記は目安です。お口の中の状態や歯医者によって、通院回数や治療期間は大きく異なります。


歯科医師:田口
歯科医師:田口

手術の流れにどんな違いがあるかは、この次にそれぞれ詳しく紹介していきます!

2-1:1回法の手術の流れ

1回法の手術の流れは、以下のとおりです。

麻酔をして歯ぐきを切開

インプラント体(下部構造)と同じ長さや太さに合わせて、ドリルでアゴ骨を削ります。

インプラント体をアゴ骨に埋め込む

アバットメントと呼ばれる下部構造を、歯ぐきから露出させた状態で取り付けます。

切開した歯ぐきを縫合する

歯ぐきから露出したアバットメントに仮歯をつけて、アゴ骨とインプラント体(下部構造)が結合するのを約1.5ヶ月~3ヶ月待ちます。

STEP4:最終的な人工歯を被せる

アゴ骨とインプラント体(下部構造)が結合したのを確認したら、最終的な人工歯(目視で確認できる歯の部分)を被せて治療終了です。


2-2:2回法の手術の流れ

一方で2回法の手術の流れは、以下のとおりになります。

麻酔をして歯ぐきを切開

インプラント体(下部構造)と同じ長さや太さに合わせて、ドリルでアゴ骨を削ります。

インプラント体をアゴ骨に埋め込む

1回法とは異なり、アバットメントと呼ばれる下部構造も含めて歯ぐきの中に埋め込んで、露出しない状態で縫合します。

アゴ骨とインプラント体が結合するのを待つ

個人差はありますが、約4ヶ月~5ヶ月ほどは歯ぐきの中に下部構造を埋め込んだ状態でアゴ骨と結合するのを待ちます。(骨が少ない場合は、さらに約3ヶ月~9ヶ月待つ)

2回目の手術

インプラントとアゴ骨が定着したら、再度歯ぐきを切開して土台となる役割のアバットメントをつけていきます。

最終的な人工歯を被せる

2回目の手術後、状態が落ち着いたら型取りをして被せ物を作製していきます。最終的な人工歯(目視で確認できる歯の部分)を被せて治療終了です。


結局、1回法と2回法の手術の流れはどのあたりが違うの?

歯科医師:田口
歯科医師:田口

特に大きく異なるポイントは、以下にまとめてみたので参考にしてみてくださいね。

1回法と2回法で大きく異なるポイント

インプラント体を埋め込む1回目の手術後に、

・1回法は、下部構造を露出させた状態で歯ぐきを縫合する
・2回法は、下部構造を露出させない状態で歯ぐきを縫合する


のが大きな違いになります。

上記を読んでもよくわからない場合には、担当医に確認してみましょう!

3:結論:インプラント手術の1回法と2回法の違い

では最後に、インプラント手術の1回法と2回法の違いについて重要なポイントだけを簡単におさらいしていきます。

本記事のまとめ

1回法は手術が1回のみで済むため、

・手術の身体的負担の少なさ
・通院回数の少なさ
・治療期間の短さ
・治療費の安さ

などで2回法よりメリットが大きい治療法です。

ただし、アゴ骨や歯ぐきが少ない場合には感染リスクが上がるなどの問題があり、選択できないケースがあります。

そういった場合には、適応範囲が広く感染リスクが低い2回法になるケースが多いでしょう。

基本的には、患者さまのお口の状態によってどちらの手術法が選べるか変わってきます。

気になる場合は、一度インプラント専門の歯医者で検査・診断を受けてみましょう!


以上、今回は1回法と2回法の違いについてご説明しました。

歯科医師:田口
歯科医師:田口

本記事を読んでみてご不明点がある場合には、直接お答えすることも可能です。

遠慮なくお問い合わせくださいね^^

執筆協力:森崎ことり(ライター)