• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

インビザライン矯正と裏側矯正はどちらがおすすめ?

2021年3月30日

こんにちは北戸田coco歯科です

最近では矯正治療もどんどん進化しており、目立たない矯正が一般的になってきています。矯正していることがバレにくい方法として主流なのが「インビザライン矯正」と「裏側矯正」です。

では、一体どちらの矯正方法がおすすめなのでしょうか?さまざまな点から説明していきます。

 

インビザライン矯正ってどんな矯正?

 

インビザライン とは

 

まず、インビザライン矯正がどのような矯正なのか理解しておきましょう。インビザラインでは、最初に患者さまの歯形をとりレントゲンなどの検査結果を元に専用のマウスピースを作成します。

インビザラインでは最初に、治療完了までの全てのマウスピースを作成してしまい、何回かに分けてまとめてマウスピースをお渡しします。

患者さまはそのマウスピースを自身で1日に20時間以上装着していただき、定期的にマウスピースを交換していきます。

インビライン矯正のマウスピースは透明で薄いものなので、装着していても矯正をしていることがバレにくく、食事や歯磨きの際には取り外して普段通りできるのも人気のポイントです

 

 

裏側矯正ってどんな矯正?

 

 

裏側矯正は、文字通り歯の裏側にブラケット(ワイヤーを固定する器具)とワイヤーを固定して、歯を動かしていく治療方法になります。

従来のワイヤー矯正を外から見えない歯の裏側につけたものになります

裏側矯正では矯正器具が全く見えないため、矯正をしていることがバレずに治療を進めることができます。

しかし、歯の裏側に器具をつける高度な技術が必要なために取り扱っている歯科医院が少ないことや、他の矯正治療に比べて費用が高額なのでなかなか手を出しにくいといった面もあります

 

インビザライン矯正と裏側矯正の違い

 

 

先ほど説明したインビザライン矯正と裏側矯正ですが、この2つ治療方法の大きな違いが「矯正器具を取り外せるか、取り外せないか」になります

インビザライン矯正では透明なマウスピースをいつでも取り外すことができますが、裏側矯正では一度器具を歯に固定したら治療が完了するまで取り外すことはできません



インビザラインと裏側矯正のメリット・デメリット

インビザライン メリット デメリット

 

どちらも人気の矯正治療ですが、矯正器具が目立たないというメリットの他にも良い点はたくさんあります。また、メリットだけでなくデメリットの面も理解しておきましょう

 

<インビザライン矯正のメリット>

 

・マウスピースを使った治療
・マウスピースが透明で目立ちにくい
・比較的痛みが少ない
・鋭利な箇所がないので口の中を傷つけにくい
・通院回数が少なくても治療可能

 

<インビザライン矯正のデメリット>

 

・マウスピースの管理が必要が
・飲食後にお口の中のケアが必要
・インビザライン矯正のみでは治療が難しいケースもある

 

インビザライン矯正では、表面がつるっとして滑らかなマウスピースを使うためお口の中を傷つけにくいです。ワイヤーを使った表側矯正や裏側矯正に比べて口内炎ができにくいのは治療中大きなメリットになります

しかし、インビザライン矯正はマウスピースの装着や交換など患者さま自身の管理がとても重要になってきます。

また食後には必ず歯磨きをしてマウスピースを装着しなくてはいけないことや、マウスピースを装着している際には気軽に飲食ができないことから、気を使わないといけないことが多い治療方法でもあります

 

<裏側矯正のメリット>

 

・装置が内側についているのでほぼ見えない
・表側矯正よりも虫歯になりにくい
・ワイヤーに食べ物が引っかかっても見えにくい

 

<裏側矯正のデメリット>

 

・舌に当たって違和感を感じる
・発音がしにくい
・歯磨きがしにくい
・費用が高額になりやすい

 

裏側矯正の大きなメリットは矯正器具が他人から全く見えないことです

インビザライン矯正では、マウスピースがうっすらとわかってしまう程度には見えてしまいますが、矯正器具が歯の裏側についている裏側矯正では全く見えないために矯正治療の中でも一番矯正をしていることがバレにくいと言えます。

しかし歯の裏側についていることで、話すときに違和感を感じうまく発音できないこともあります。また、歯磨きがしにくいので汚れが溜まりやすいのもデメリットです

 

インビザライン矯正と裏側矯正はどちらがおすすめ?

 

インビザライン 期間

 

一概にどちらがおすすめとは言い切れません。

ご自身でマウスピースの管理ができ、取り外しができるということが一番のメリットに感じる場合はインビザライン矯正をおすすめします。

また、金銭的にも余裕があり近くに裏側矯正を取り扱っている医院がある、マウスピースの管理が面倒と感じる方には裏側矯正がおすすめです。

ご自身が何を重視するかによって、変わってきますので一度歯科医院で歯科医師とご相談してみるのが一番です。

患者さまの歯並びの状態によっては希望の矯正治療でできないこともありますので、一度お口の中を確認してもらいましょう

 

当院のインビザライン矯正

 

インビザライン 歯科医院

 

当院では、目立たないマウスピース矯正のインビザラインはもちろん、ワイヤー矯正や小児矯正も取り扱っております

ワイヤー矯正では前歯の部分に白い器具を使った目立たない矯正を採用しているため、インビザラインだけでは矯正治療が難しい方でも満足して治療を進めていただけるので安心して下さい

またインビザラインとワイヤー矯正の併用など、その人のお口にあった矯正方法をご提供させていただきます

安心して治療を受けていただけます

また、治療費の負担を少なくするためにインビザラインの費用を最大70万円(別途調整量なし)に設定しているところが大きな強みです

 

他院よりも少しでもリーズナブルに、そしてクオリティの高いインビザラインの治療を受けてもらいたいと丁寧な治療を心がけております。

 

矯正治療を考えている方はお気軽にご相談下さい

 

<当院の矯正治療の費用(参考)>

相談料:無料
再診料(2回目以降の来院時)
早期治療の場合:3,000円
本格治療の場合:5,000円
検査・診断料:30,000円
早期治療(小児):300,000円
本格治療(大人の歯が生え揃っている場合):650,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン):300,000円~750,000円
早期治療から本格治療へ移行の場合:350,000円

 

ワイヤー矯正の併用が必要な方は費用が変更することがあります。お支払いについては、自費診療の場合クレジットカードも使用できますので、お気軽にご相談下さい

 

まとめ

 

どちらも矯正していることがバレにくく目立たない矯正方法ですが、お互いにないメリットやデメリットがあります

どちらが絶対におすすめ!というわけではなく、患者さまの希望や歯並びを考慮してベストな治療方法をご提案させていただきます。

当院では、裏側矯正には対応しておりませんが、目立ちにくい白い器具を使ったワイヤー矯正(表側矯正)やインビザライン矯正をご提供しております。

まずは、一度当院で無料カウンセリングを受けてみてください