埼玉県戸田市の歯医者北戸田COCO歯科のブログページ

  • 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOGCOCO歯科ブログ

24時間WEB予約

目立つ「すきっ歯」はインビザライン矯正で治療できる?

2021年1月27日

 

こんにちは北戸田coco歯科です

歯と歯の間に隙間が空いてしまっている「すきっ歯」さん、人から見える場所でもあるので気になっているという方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなすきっ歯はインビザライン矯正で治療できるのかについて詳しくお話ししていきますので、ぜひすきっ歯に悩んでいる方は参考にしてみてくださいね

 

すきっ歯ってどんな状態?

 

インビザライン すきっ歯

すきっ歯とは歯と歯の隙間が大きく空いている状態の歯並びのことです。

歯科用語では「空隙歯列(くうげきしれつ)」と呼ばれています。この空隙歯列の中でも前歯と前歯の間の隙間が大きい症状のことを「正中離開(せいちゅうりかい)」と言います。

すきっ歯は笑ったときや会話するときに相手の目に付きやすいので、見た目が気になると気にされている方も多いです。

また見た目だけではなく、隙間から空気が漏れるので発音が不明瞭になりやすい、歯ブラシがうまく当てられないので汚れが溜まりやすく虫歯や歯周病になりやすいといったリスクもあるので、早めに歯科矯正で治療することをおすすめします。

 

すきっ歯になってしまう原因は?

 

インビザライン 出っ歯

 

すきっ歯になってしまう原因としては生まれつきの体質によるものと日々の生活の癖でなってしまっている2種類あります。

生まれつきの場合は仕方ありませんが、日々の習慣が原因の場合は、せっかくインビザライン矯正で理想的な歯並びになっても治療後にもとの歯並びに戻ってしまう可能性があります。

インビザライン矯正中はもちろんのこと治療後も患者さまご自身が意識して癖を治していく必要があります。

これに関しては他の記事でもまとめていますので、ぜひご覧ください。

 

<生まれつきによるもの>

・歯の数が少ない

永久歯の本数はすべて生え揃うと合計28本(親知らずを入れると合計32本)ですが、もともと歯が少ない場合は、歯の足りない部分の隙間が開きやすいです。

・歯のサイズが小さい

顎のサイズに対して歯の大きさが小さいと、歯と顎のバランスが悪くてスペースが余分になってしまうことが原因ですきっ歯になりやすいです。

・上唇小帯が発達しすぎている

上の前歯と唇側のあいだの部分にあるヒダ(上唇小帯)が過剰に発達していると、正中離開の原因になることがあります。

<日々の癖によるもの>

・頬杖をつく

頬杖をつく癖があると無理な方向へ力がかかってしまって、歯並びに悪影響があるのです。もちろん、すきっ歯の原因にも繋がっていきます。

・食事の時の癖

食事中に食べ物を飲み込むとき、舌で前歯を押す癖があると歯が少しずつ動いてしまい歯並びが悪くなってしまいます。

・指しゃぶり

小さなお子様に多い指しゃぶりですが、長く続けているとすきっ歯になりやすくなります。

・舌を前歯の隙間に入れ込もうとする

お子様に多い癖ですが、舌の先を歯と歯の間に入れ込んでいるのが癖になり歯の感覚が広がっていってしまいます。

すきっ歯はインビザラインで治療できる?

 

 

インビザライン矯正ですきっ歯は治療できます。

特にすきっ歯の場合は、歯を並べるスペースが十分にある場合が多いので、比較的短期間で歯をキレイに並べることができます。(保定期間は十分に取る必要があるので、全体的な期間は他の矯正と同じ期間かかります。)

ただし重度のすきっ歯の場合は、インビザライン矯正だけで治すことが難しいこともあり、ワイヤー矯正と併用になったりワイヤー矯正のみの矯正になる場合も多いです。

 

ワイヤー矯正と併用することも

 

 

すきっ歯の場合は、歯と歯のスペースが大きいためにインビザライン矯正よりもワイヤー矯正で歯を動かしながら並べた方が良いケースがあります。

その場合は、ワイヤー矯正のみで進めていくかインビザライン矯正と併用していくか矯正医師と相談になりますので、矯正を始める前にはワイヤー矯正になることもあると理解しておきましょう。

ワイヤー矯正にもメリットはたくさんありますし、当院では目だない白い器具を使ったワイヤー矯正を行っているので見た目の負担も少ないと思います。

<ワイヤー矯正の長所>

・一度装着するとそのまま着けたままなので、装着時間の不足の心配がいらない
・適応できる症例の幅が広い
・歯の移動速度が早い
・歯を大きく移動させることができる

 

当院のインビザライン矯正について

 

当院では、目立たないマウスピース矯正のインビザラインはもちろん、ワイヤー矯正や小児矯正も取り扱っております

ワイヤー矯正では前歯の部分に白い器具を使った目立たない矯正を採用しているため、インビザラインだけでは矯正治療が難しい方でも満足して治療を進めていただけるので安心して下さい

またインビザラインとワイヤー矯正の併用など、その人のお口にあった矯正方法をご提供させていただきます

安心して治療を受けていただけます

また、治療費の負担を少なくするためにインビザラインの費用を最大75万円に設定しているところが大きな強みです

 

他院よりも少しでもリーズナブルに、そしてクオリティの高いインビザラインの治療を受けてもらいたいと丁寧な治療を心がけております。

 

矯正治療を考えている方はお気軽にご相談下さい

 

<当院の矯正治療の費用(参考)>

初診料・相談料 無料
再診料(2回目以降の来院時)
早期治療の場合:3,000円
本格治療の場合:5,000円
検査・診断料:30,000円
早期治療(小児):300,000円
本格治療(大人の歯が生え揃っている場合):650,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン):300,000円~750,000円
早期治療から本格治療へ移行の場合:350,000円

 

ワイヤー矯正の併用が必要な方は費用が変更することがあります。お支払いについては、自費診療の場合クレジットカードも使用できますので、お気軽にご相談下さい

 

まとめ

歯と歯の間が空いてしまっているすきっ歯はインビザライン矯正で治療が可能です。ただし重度のすきっ歯の場合は、ワイヤー矯正と併用することがあることも理解しておきましょう。

すきっ歯は見た目にもよくないだけでなく、発音の問題や汚れが溜まりやすいなど機能的な問題もありますのでできるだけ早めに矯正治療を始めていきましょう。

当院でも矯正治療の無料相談を行っていますので、ぜひお気軽にご予約くださいね