埼玉県戸田市の歯医者北戸田COCO歯科のブログページ

  • 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOGCOCO歯科ブログ

24時間WEB予約

インビザラインは虫歯になりやすい?その噂は本当?

2021年4月12日

こんにちは北戸田coco歯科です

インビザライン矯正を始めるにあたり、色々な疑問や不安があると思います

その中でも、インビザライン矯正中は虫歯になりやすいといった噂を耳にしたことがあります。特に昔から虫歯が出来やすい人は、特に気になるところではないでしょうか?

今回は歯科医師目線でインビザラインと虫歯の関係についてお話ししていきます

 

インビザライン矯正中は虫歯になりやすい?

 

結論からいうと矯正をしていないころよりは「多少虫歯になりやすい」といえます

これは、インビザラインのマウスピースを常にしていることでお口が乾燥しやすくなることで虫歯のリスクが高くなると考えるからです。

私たちのお口の中は、普段何も付けていない状態のときだと唾液が食べかすなどを洗い流してくれているのですが、マウスピースをしていると唾液の自浄作用が歯まで届かないのです

しかし、食べかすや糖分がついていなければ多少乾燥していても虫歯になることはほとんどありません

しっかりと正しい歯磨きやお口のケアを行えば、矯正する前と同じように虫歯を予防することが出来ます。

特にインビザラインは、ワイヤー矯正と違い矯正器具を取り外せることができるので、普段と同じように歯が磨けます

その点では、インビザライン矯正は他の矯正治療に比べても一番虫歯のリスクが少ない矯正治療方法と言えるでしょう

 

マウスピースをしたままの飲み物に注意

インビザラインは他の矯正治療に比べて虫歯になりにくいとお話ししましたが、盲点なのが「飲み物」です

マウスピースを装着したままの状態で糖分が含まれている飲み物を飲むと、歯とマウスピースの間に入り込んで気づかない間に虫歯になりやすくなってしまいます

スポーツ飲料なども、私たちが思っているより大量の砂糖が含まれていますので気をつけるようにしましょう

甘い飲み物が飲みたい時にはマウスピースを外し、飲んだ後にはしっかりと歯磨きをしてからマウスピースを再装着して下さい

なかなか面倒くさいですが、矯正治療中に虫歯を作らないためにもしっかりと意識していきましょうね

 

矯正治療中は虫歯の治療が出来ない?

これも、矯正治療にまつわる噂でよく耳にするものですが、インビザライン矯正の場合矯正治療中でも虫歯の治療は出来ます

しかし、歯の形が大きく変わらない小さな虫歯に限ります

インビザラインでの矯正治療では個々に合わせたマウスピースを製作します。

虫歯が大きく治療によって歯の形が大きく変わってしまうと、せっかく製作したマウスピースがはまらなくなる可能性があるので歯を大きく削って被せ物をするような治療は原則出来ないのです

また、マウスピースを作り直すには別途再製作の費用がかかってしまい大変なことになってしまうので矯正治療を開始する前には必ず虫歯治療を済ませておくことが鉄則になります

ちなみに小さい虫歯を治療する方法としては、虫歯の部分を削りコンポジットレジンと言われる白い樹脂の詰め物をして完了になります

この治療は1回で終わるので負担も少ないですよ

 

矯正中はとにかく虫歯予防をしっかり

小さな虫歯であれば1回で治療することが出来ますが、何より矯正治療中は虫歯にならないことが大事です

インビザライン矯正をしている際に意識してほしいポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい

 

■フッ素入りの歯磨き粉を使う

 

歯磨きの時に使って欲しいのが、「フッ素」入りの歯磨き粉です

フッ素は唾液の中に含まれているカルシウムが、再石灰化を促し歯を丈夫にします。この再石灰化を促してくれることが虫歯予防につながるのです

市販の歯磨き粉でも高濃度のフッ素が入っているものがありますので、そちらを使うと良いでしょう

*未就学児は誤飲の可能性を考慮して、フッ素濃度1000ppm以下の歯磨き粉をお使いください

■フロスや歯間ブラシを使う

 

自分でしっかりと歯磨きをしているつもりでも、実はお口の中の6割程度しか磨ききれていないと言われています。

そのため、歯ブラシによる歯磨きだけでなくフロスや歯間ブラシを使って、虫歯の出来やすい歯と歯の隙間などの細かい部分も磨くことが重要です

<フロスの使い方>

使い方は歯と歯の隙間にピッタリと押し当ててスライドさせながら歯茎の方まで持っていって汚れをかき出します。

<歯間ブラシの使い方>

歯間ブラシは歯と歯の隙間が広めの方におすすめです

こちらの使い方は歯と歯の隙間の根元の部分にゆっくりと入れて汚れをかき出して使いましょう。

歯間ブラシにはサイズがあるので自分にあったサイズが知りたい時には、歯科医師や衛生士さんに気軽に相談してみて下さいね

 

こまめに水分を摂る

インビザライン矯正治療中は、マウスピースによってお口の中が乾燥しやすくなっている状態です

そのため、こまめな水分補給で唾液の分泌を促してお口の中を乾燥させないようするといいでしょう。

どんな飲み物でも構わないというわけではありません

砂糖が入っていないものが好ましいのはもちろんのこと、砂糖が入っていなくてもコーヒーやお茶は歯の色素沈着の原因となりますので嗜好品として楽しむ程度が望ましいです。

お口の中を考えた水分補給にはお水が一番です

 

当院のインビザライン矯正

 

当院では、目立たないマウスピース矯正のインビザラインはもちろん、ワイヤー矯正や小児矯正も取り扱っております

ワイヤー矯正では前歯の部分に白い器具を使った目立たない矯正を採用しているため、インビザラインだけでは矯正治療が難しい方でも満足して治療を進めていただけるので安心して下さい

またインビザラインとワイヤー矯正の併用など、その人のお口にあった矯正方法をご提供させていただきます

安心して治療を受けていただけます

また、治療費の負担を少なくするためにインビザラインの費用を最大70万円(別途調整量なし)に設定しているところが大きな強みです

 

他院よりも少しでもリーズナブルに、そしてクオリティの高いインビザラインの治療を受けてもらいたいと丁寧な治療を心がけております。

 

矯正治療を考えている方はお気軽にご相談下さい

 

<当院の矯正治療の費用(参考)>

初診料・相談料 無料
再診料(2回目以降の来院時)
早期治療の場合:3,000円
本格治療の場合:5,000円
検査・診断料:30,000円
早期治療(小児):300,000円
本格治療(大人の歯が生え揃っている場合):650,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン):300,000円~750,000円
早期治療から本格治療へ移行の場合:350,000円

 

ワイヤー矯正の併用が必要な方は費用が変更することがあります。お支払いについては、自費診療の場合クレジットカードも使用できますので、お気軽にご相談下さい


まとめ

インビザライン矯正では、マウスピースを長時間使用していることによりお口の中が乾燥しやすくなり通常よりも虫歯のリスクは高くなっています

しかし、マウスピースは取り外しが可能なので普段からケアをしっかりと行っていれば虫歯を予防することが出来ます

何より、歯の健康のためにも矯正治療中でもそうでなくてもお口のケアをしっかりと行っていきましょうね