埼玉県戸田市の歯医者北戸田COCO歯科のブログページ

  • 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOGCOCO歯科ブログ

24時間WEB予約

インビザラインのシミュレーションではどんなことがわかる?

2022年6月30日

こんにちは北戸田coco歯科です!

インビザライン矯正で用いられるシミュレーションは、インビザラインを提供しているアライン・テクノロジー社が独自に開発した「クリンチェック」と呼ばれるソフトを使用しています。

歯型などのデータをクリンチェックに読み込ませると、歯の動きをシミュレーションしたりマウスピースの枚数を確認したりすることが可能です。

他にもクリンチェックにはさまざまな機能があります。ここでは、インビザラインのシミュレーションソフト「クリンチェック」でできることなどについてご紹介します。

 

■インビザラインのシミュレーションとは?

 

インビザライン スキャナー

 

インビザライン矯正ではマウスピースを作製する前に、「クリンチェック」と呼ばれるシミュレーションソフトを使用して、治療開始から治療終了までの歯の動きを確認することができます。

 

ワイヤー矯正では、模型上で治療後の歯並びを確認することはできますが、歯がどのように動いていくのか見ることができません。

一方、インビザライン矯正では、採取した歯型をクリンチェックに読み込ませると、コンピューターによって3D画像に変換されて、歯の動きをさまざまな角度から動画で見ることができます。

 

シミュレーションはコンピューターによって自動的に作製されますが、良い歯並びに仕上げるためには、歯科医師が手を加えていく必要があります。

 

なお、他のマウスピース矯正でも矯正後の歯並びを確認できるものもありますが、歯の動きを最初から最後まで確認できるのはインビザラインのみです。

 

参考:インビザライン公式HP

 

■インビザラインのシミュレーションで確認できること

 

インビザライン とは

 

インビザラインのシミュレーションでは以下のようなことが確認できます。

 

  • 矯正後の歯並びの状態
  • かみ合わせの状態
  • マウスピースの枚数
  • 治療期間
  • IPRを行う位置や削る量
  • アタッチメントをつける位置と数量
  • 顎間ゴムをかける位置とボタンを装着する位置

 

・矯正後の歯並びの状態

 

インビザラインの最大の特徴は、シミュレーションで矯正後の歯並びを確認できることです。

また、シミュレーションでは「抜歯をした場合」と、「抜歯をしない場合」を比較することもできます。

矯正するとどのように歯が並んでいくのか直接確認することにより、治療に対しての安心感を得られ、モチベーションアップにもつながります。

また、シミュレーションはマウスピースを作製する前に行われるため、治療結果が思わしくなければインビザライン矯正を受けないという選択も可能です。そのため、インビザライン矯正は納得してから始められます。

 

・かみ合わせの状態

 

シミュレーションでは、かみ合わせが当たっているところと当たっていないところを表示させることができます。

矯正治療においてかみ合わせの改善は非常に大切なことです。いくら歯並びが良くてもかみ合わせが悪いと、一部の歯だけに負担がかかってしまう状態になり、歯を長く保つことが難しくなるのです。

 

・マウスピースの枚数

 

シミュレーションでは、マウスピースの枚数と使用するマウスピースごとの歯の動きを確認することができます。

 

・治療期間

 

治療期間もシミュレーションで確認することが可能です。

ただし、マウスピースの装着時間が守れなかった、マウスピースが破損したなどトラブルが起きた場合は提示された治療期間よりも延びてしまうことがあります。

 

・IPRを行う位置や削る量

 

IPRとは、歯を並べるスペースが足りない場合、歯の両側面をヤスリで削ってスペースを確保する処置のことです。

「ディスキング」や「スライシング」とも呼ばれています。これらの位置や削る量はシミュレーションで確認することができます。

 

関連記事:インビザライン矯正では「歯を削る」ことがある?ディスキングについて

 

・アタッチメントをつける位置と数

 

アタッチメントとは、歯の表面につける樹脂製の突起物のことです。

歯を上下に動かしたり、回転させたりといった矯正力を加えたいときに行われます。シミュレーションでは、アタッチメントをつける位置や数を確認することができます。

 

・顎間ゴムをかける位置やボタンの装着位置

 

顎間ゴムとは、上下のマウスピースにゴムをかけてかみ合わせを整える処置のことです。

また、マウスピースにかけられない場合は、歯に「ボタン」と呼ばれる装置をつけて、そこにゴムをかけることがあります。

シミュレーションでは、ゴムをかける位置やボタンをつける位置をあらかじめ確認することが可能です。

 

■インビザラインのシミュレーションソフトでできること

 

インビザライン スキャナー

 

インビザラインのクリンチェックは、シミュレーションできるだけではありません。以下のようなことも行えます。

 

  • 治療計画の立案
  • 治療計画の修正
  • マウスピースの追加

 

・治療計画の立案

 

冒頭でも紹介したとおり、クリンチェックはインビザライン矯正を提供するアライン・テクノロジー社の独自のシミュレーションソフトです。

世界で1,100万人以上が使用した実績があり、そのデータをもとにプログラムが組まれています。

歯型のデータなどを送信すると、自動で治療計画を立てることができます。

しかし、そのままマウスピースを作製すると計画通りに進まないため、歯科医師が手を加えて治療計画を立案します。

 

・治療計画の修正

 

シミュレーションでは、治療開始から治療終了までの歯の動きを動画で確認することができます。

そのため、「もっとこの歯を動かしたい」など要望があれば治療計画の修正が行えます。

患者さまと治療のゴールを共有し、シミュレーションを通してすり合わせを行えるのはインビザライン矯正のメリットの一つです。

 

・マウスピースの発注

 

シミュレーションソフトでは治療計画をもとにマウスピースの発注を行えます。

また、計画どおりに治療が進まなかった場合や、矯正中に修正する箇所が出てきた場合は、追加でマウスピースを発注することが可能です。

このような場合、再度歯型を採取して新しく治療計画を立てる必要があります。

 

■インビザライン矯正の流れ

 

 

最後にインビザライン矯正の流れについてご紹介します。インビザライン矯正は以下のようなステップを踏むことが一般的です。

 

  1. カウンセリング
  2. 精密検査
  3. シミュレーション(クリンチェック)
  4. マウスピース作製
  5. 矯正開始
  6. 保定期間

 

1.カウンセリング

 

まずは、治療前にカウンセリングを通してインビザライン矯正に対する不安や疑問を解消します。

 

2.精密検査

 

次にお口の中の状態を把握するために、精密検査を行います。精密検査では、レントゲン撮影・歯型の採取・写真撮影などクリンチェックに必要なデータを揃えていきます。

 

3.シミュレーション(クリンチェック)

 

精密検査で揃えたデータをもとに、シミュレーションソフト「クリンチェック」を使用して治療計画の立案をします。

立てた治療計画は患者さまと一緒にシミュレーションを通して確認します。

 

関連記事:インビザラインの「クリンチェック」とは?

 

4.マウスピースの作製

 

シミュレーションで確認した治療計画に問題がなければ、マウスピースを発注します。

 

5.矯正開始

 

マウスピースを発注してから約3~4週間でマウスピースが到着します。

初回はマウスピースの適合の確認や着脱の練習をすることが多いです。また、症例によってアタッチメントをつけることがあります。

矯正開始後は、1日20~22時間以上、1週間~10日ごとにマウスピースを交換して定期的に通院します。

 

6.保定期間

 

矯正期間を終えると、保定期間に移行します。保定期間では「リテーナー」と呼ばれる装置をつけて後戻りしないように並べた歯を固定していきます。

 

■まとめ

クリンチェックは治療開始から治療終了までの歯の動きを確認することができるシミュレーションソフトです。

歯科医師と患者さまの間で治療のゴールや、イメージを共有することができるため、納得してから治療を始めることができます。

インビザライン矯正が気になる方、シミュレーションを受けたい方は気軽に歯科医師に相談してみましょう。