インビザライン矯正で「出っ歯」は治療できる?抜歯は必要?|戸田市の歯医者|北戸田COCO歯科

BLOG 医院ブログ

インビザライン矯正で「出っ歯」は治療できる?抜歯は必要?

こんにちは北戸田coco歯科です

前歯が前に出てしまっている、いわゆる「出っ歯」の状態は、人の目につきやすい部分なのでコンプレックスに感じている人も多いと思います。

特に日本人は顎が小さいために歯が並びきらず、前に出てしまう出っ歯の方が多く矯正をはじめられる方が多いです。


今回はインビザライン矯正で出っ歯が治療できるのか?そしてその方法や抜歯の有無について詳しくお話ししていきます

 

出っ歯とは?

 

インビザライン 難症例

 

一般的に「出っ歯」と呼ばれている状態ですが、歯科用語では「上顎全突(じょうがくぜんとつ)」という名前になり、不正咬合(悪い歯並び)の一つです

横から見たときに、上の前歯が下の前歯に比べて極端に前に出ている状態で、口を閉じた時などにも歯が出てしまったりすることが多いので、審美的な面にも影響を及ぼしていきます

また、歯が傾いていることから歯ブラシがうまく当てられずに虫歯や歯周病になりやすかったり、噛み合わせが悪く顎に負担がかかり顎関節症の原因になるなど機能的な面でも問題があります。


そのため、出っ歯の状態の方は早めに歯科矯正で治療されることをおすすめします

 

参考:日本矯正歯科学会

 

出っ歯になってしまう原因

 

インビザライン 出っ歯

 

出っ歯になってしまう原因にはいくつかありますが、生まれつきの「先天性の問題」と癖などによる「荒天的な問題」があります。

それぞれ詳しく説明していきます


・歯が並ぶスペースがなく歯が前に出てしまう
・舌の癖がある
・指しゃぶりを長い間していた
・爪を噛む癖がある

 

生まれつき顎が小さく、歯が並びきらないために前歯が前に出てしまったり、前歯が他の歯よりも大きく口を閉じてもはみ出してしまったりするのは先天性の問題です。

特に顔や顎の小さい日本人に起こりやすく、出っ歯の原因になってしまいます。

元々そこまで歯並びは悪くなかったのに、大人になってから出っ歯気味になってきたと言う方は、無意識に舌で前歯を押している、爪しょっちゅう噛んでいるなどの口腔習癖は後天性の問題になります。

特に小さい頃に長い間指しゃぶりをしていると出っ歯になりやすくなりますので、できれば早めに辞めさせることをおすすめします。

このように、元々の顎の大きさである生まれつきのものから、子供の頃からの癖が長年歯を押して前に出してしまうといった後天的なものまでさまざまです。

指しゃぶりや舌の癖など、子供の頃からの癖については早い段階で治すようにトレーニングしていく必要がありますので、歯科医院で相談してください

関連記事インビザライン矯正とMFT(口腔筋機能療法)の重要性

 

 

インビザライン矯正で出っ歯は治療できる?

 

インビザライン MFT

 

結論から言いますと、出っ歯はインビザラインで治すことが可能です

特に最近では新しいインビザラインのアタッチメントなどの技術が出てきたことによって上顎前突の治療が可能になってきています。

ただし、出っ歯の状態にもよりますが、重度の出っ歯の方は歯が並ぶスペースが無いため抜歯が必要なケースが多く、インビザラインだけでは治療が出来ない場合もあります。

その場合は目立たないワイヤー矯正や、インビザライン矯正とワイヤー矯正との併用で治療していくという方法もありますので、担当してくれる歯科医師の指示に従い治療を進めていきましょう

当院でもインビザライン矯正をする方すべてに、必要に応じてワイヤー矯正とインビザラインの併用をすることがあると言うことをお伝えしています

人によって、出っ歯の具合も違いますので一概に必ずインビザラインで治療ができるとは言い切れませんが、ほとんどの方は治療が可能です。

出っ歯に悩んでいるけど、目立つ歯科矯正はしたくないと言う方はぜひインビザラインを考えてみてください

 

出っ歯のインビザラインでの治療方法

 

インビザライン とは

 

インビザライン矯正で出っ歯を治療していくには、以下のような方法を組み合わせていくことが多いです。

 

①抜歯をせずにインビザライン矯正を進める
②抜歯をしてインビザライン矯正をする
③専用のアタッチメントを利用する
④ワイヤー矯正と併用する



①の抜歯をせずにインビザライン矯正ができるのは、比較的出っ歯の程度が少ない軽度のものに適応されてます

歯を抜かずに、歯をマウスピースの力で全体的に後ろに動かして、歯を引っ込ませるように動かしていきます。

②の場合は、歯が並ぶスペースを十分に確保できない場合や重度の出っ歯の場合に、いくつかの歯を抜いてスペースを作り歯を動かして並べていきます。

親知らずが生えている場合も抜歯が必要になることが多いです。

抜歯をした場合には、していない場合よりもワイヤー矯正と併用するケースが多いですので理解しておきましょう。

③のアタッチメントですが、歯にレジンの突起をつけることでマウスピースをより固定し、計画的に力を入れられる処置になります。

アタッチメントにもたくさん種類があり、出っ歯(上顎前突)専用のアタッチメントがありますので、それをマウスピースにつけて歯を動かしていきます

アタッチメントについては以下の記事で詳しく書いています

アタッチメントについて【インビザライン矯正の処置】



インビザラインでの出っ歯の治療方法は担当してくれる歯科医師によっても、多少異なってきます。

安心して治療を受けるためにも、インビザラインの実績が豊富で経験豊富な医院で治療を受けましょう

 

インビザラインで出っ歯を治療するメリット

 

インビザライン メリット デメリット

 

ワイヤー矯正の方がマルチに治療ができて万能なイメージもありますが、インビザラインで出っ歯を治療する上でもたくさんのメリットがあります



抜歯をしなくても出っ歯をインビザラインで治療できる

 

軽度の場合ですが、抜歯をしなくてもインビザラインで出っ歯が治療できることがあります。

方法としては、歯と歯の間に隙間を作るディスキングをしたり、歯列を側方に拡大したり、奥歯を後ろに動かすことで歯が並ぶスペースを作り、前歯を引っ込めることで出っ歯を改善していきます。

当院では、できるだけ抜歯をしない非抜歯矯正を推奨していますので、抜歯に関して不安なことがある方は一度ご相談ください



抜歯をしてもインビザラインで治療が可能なことも

どうしても抜歯が必要な場合でも、インビザラインだけで出っ歯の治療が可能なこともあります

抜歯の数や、歯を動かす上で問題がない場合に限りますが、抜歯が必要だからインビザラインはできないんだと決めつけずにまずは歯科医院に相談してみてくださいね

 

アンカースクリューやアタッチメントを使用して効果に歯を動かせる

 

インビザラインでは、マウスピースの力だけでなく様々な処置で歯を動かすことができます。

例えばアンカースクリューと呼ばれる矯正用の小さなネジを埋め込み、歯を引っ張る土台として使用します。他にも、歯の表面につけるレジンの突起アタッチメントなどがあります。

 

 

インビザラインで出っ歯を治すにはどれぐらいの期間がかかる?

 

インビザライン 痛み

 

出っ歯だからといった、他の歯並びと比較して大幅に矯正治療期間が伸びるということはほとんどありません。

大体2年〜3年ほどの期間がかかる方が多いです

また、インビザライン矯正もワイヤー矯正も治療期間はほとんど変わりません。

まれに、部分矯正で出っ歯の部分だけを治したいという方もいらっしゃいますが、先ほども説明したように出っ歯は奥歯を後ろに移動させる必要があるので、全部の歯を矯正する必要があるのです。

そのため部分的に出っ歯だけを治療をするということは基本的に出来ないということを覚えておきましょう。

歯は一生使っていく大事な部分です。近道しようとせずにじっくり確実に治療していきましょうね

 

骨格性の出っ歯は外科矯正が必要なことも

 

 

単純に歯が前に出ている出っ歯さんと違い、上顎が極端に前に出てしまっている骨格性の出っ歯さんの場合はインビザライン矯正などの歯列矯正だけで治すことが難しい場合があります。

その場合は、「外科矯正」が必要になると言うことを覚えておきましょう

外科矯正とは、外科手術により骨格を整えた後、歯列矯正で歯並びを治療していく方法です。

外科矯正の場合は、ケースによって保険適応になることがありますので、歯科医院でしっかりと相談するようにしましょう

外科矯正については、以下の記事で詳しく書いていますのでよければチェックしてみてください

インビザラインと外科矯正について!併用は可能?

 

 

前歯が極端に大きい出っ歯でも矯正治療で改善

 

インビザライン 出っ歯

日本人は年々顎の小さい人が増えています。しかし、歯の大きさは昔から変わらないので、小さな顎に生えている歯はとても大きく見えてしまいます。

キレイに並ぶスペースがなくて、前に出てきてしまうとさらに歯の大きさが強調されてネズミのような、前歯がでた歯並びになってしまう子も多いです。

矯正治療をする際には、ディスキングと行って歯と歯の間を若干削る処置をしたり、歯のサイズを削って調整することもありますので、サイズも変わりすっきりとした見た目になりますよ

出っ歯で悩んでいる方はまずお気軽にご相談ください

 

 

当院のインビザライン矯正

 

インビザライン 歯科医院

 

当院では、目立たないマウスピース矯正のインビザラインはもちろん、ワイヤー矯正や小児矯正も取り扱っております

 

ワイヤー矯正の併用が必要な方は費用が変更することがあります。お支払いについては、自費診療の場合クレジットカードも使用できますので、お気軽にご相談下さい

 

当院の矯正治療については以下のリンクからチェックしてみてください

北戸田coco歯科の矯正専門サイト

 

まとめ

 

日本人にも多い不正咬合の一つである「出っ歯」ですが、基本的にはインビザライン矯正で治療が可能です。

ただ、重度の出っ歯で歯を並べるスペースがない場合には抜歯矯正になることもあり、ワイヤー矯正との併用や、ワイヤー矯正のみでの治療になってしまうこともあります。

どちらにしても出っ歯は早めに矯正治療をして治してしまうことをおすすめします。見た目も変わりすっきりした口元になりますのでおすすめですよ

インビザライン矯正の無料相談も行っていますので、お気軽にご予約してくださいね

 

こちらの記事もおすすめ:後悔しないインビザライン矯正を受けるには?