• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

インビザライン矯正とMFT(口腔筋機能療法)の重要性

2020年12月29日

こんにちは北戸田coco歯科です

インビザライン矯正をして綺麗な歯並びを手に入れたいと考えている方、実は矯正治療後でもお口の悪い習慣によって歯が元の位置に戻る「後戻り」を起こしてしまうことを知っていますか

そこで、キレイな歯並びや噛み合わせを維持するために行うMFT(口腔筋機能療法)について今回詳しくお話ししていきます

 

MFT(口腔筋機能療法)とは?

 

インビザライン MFT

 

MFTはOral Myofunctional Therapyの略になり、日本語では「口腔筋機能療法」と呼ばれます。

これは歯並びや噛み合わせと関わりの深いお口周りの筋肉の働きを整えるトレーニングです

私たちの歯は、普段何も意識していない状態であっても内側からは舌の力で押され、外側からは頬の筋肉と唇の筋肉の力に押されている状態にあり歯並びを固定しています。

そこに普段しているクセなどで余計な力が加わると、歯並びが崩れて噛み合わせがずれてしまうなどの影響が出てしまうのです。

しかし、このMFT(口腔筋機能療法)を継続しておこなっていくと筋肉のバランスを整えて癖を改善することが出来ます。

特にインビザライン矯正など矯正治療を行っている方や、矯正中のお子さんなどには積極的にMFTの指導を行っています

 

インビザラインとMFTの併用について

 

 

インビザラインは透明のマウスピースを使って歯を動かしていく歯科矯正です。

インビザライン治療後はリテーナー(保定装置)を使い並べた歯並びが固定されるようにしていきます

しかし、インビザライン矯正に限らず理想的な歯並びを手に入れても悪いお口の習慣によって舌で歯を押してしまったりすることにより以前の歯並びへ戻ってしまうことがあります

また、矯正治療後の後戻りの心配だけではなく普段方歯並びや噛み合わせを悪くする癖があると治療中にもスムーズに治療計画が進みません。

そこで、MFT(口腔筋機能療法)はインビザライン矯正と並行して取り入れていくことをおすすめしています

MFTは特に大変なことではないので習慣づけてさえしまえば、矯正治療中にはスムーズな治療ができて矯正治療後は後戻りの防止になるといったメリットがあります。

矯正治療中に習慣づけるようにして、治療後も美しい歯並びを維持していきましょう

 

インビザライン矯正中にMFTを行うメリット

 

インビザライン MFT

 

・治療計画をスムーズに進められる
・顔の筋肉が鍛えられるので自然な笑顔になる
・食べこぼし無く食べられるようになる
・聞き取りやすい発音ができるようになる
・お子様の場合は正しい発達を期待できる
・二重あごの防止
・歯科矯正の治療計画がスムーズに進む
・矯正終了後に以前の歯並びへ戻ってしまうことを防ぐ

 

MFTをおこなうメリットはたくさんあります

大人の場合は、意識してご自身で行うことが出来ますが、小さなお子様の場合には習慣づけることがなかなか難しい場合もあります。

そういった場合は長期的に根気強く習慣づけていきましょう

MFTを行うことで舌周辺の筋肉は首周りについているので続けておこなうことで二重あごの防止にも繋がって美しいフェイスラインを維持することができます

美しい歯並びと一緒顔立ちまでスッキリさせることができるなんて嬉しいですね

 

歯並びが悪くなるクセ

インビザライン MFT

・指しゃぶり
・口呼吸をしている
・口を開けっ放しにしている
・頬杖をついている
・舌を前に押し出す
・舌を上下の歯の間で噛む
・舌が下の歯に触れていることが多い
・舌を前歯の隙間に入れ込む
・硬い食べ物を食べない

 

以上でクセをついついしてしまっていませんか特に大人の場合は頬杖をついたり口呼吸になってしまっている人が多いように感じます

このようなクセがある場合はMFTで改善必要があります

 

MFT(口腔筋機能療法)の方法

インビザライン MFT

MFTのトレーニング方法はたくさんありますその人のクセや状態によって、医師や衛生士から適切なトレーニング方法を紹介してもらえるでしょう

ここでは、いくつか有名なものを紹介していきますね

【ポッピング】

①舌尖を上の歯の裏側あたりにつけ、舌全体を口蓋に吸い上げる。
②口を大きく開け、舌小帯をできるだけ伸ばす。
③舌で口蓋をはじくようにしポンと音を立てる。10~15回繰り返す。

【ティップ】

①スティックを口の前に垂直に持つ。
②舌を前方に出し舌尖をとがらせ、舌とスティックの両方で3秒間押し合う。
③スティックを離し、力を抜いて口唇を閉じて休む。5~10回繰り返す。

 

口呼吸を改善する「あいうべ体操」

あいうべ体操は、全身の不調の原因となる口呼吸から鼻呼吸へと改善していくため体操ですあいうべ体操を続けることで舌の筋肉が鍛えられていくので、自然に口を閉じていられるようになっていきます

・口を大きく開けて「あー」
・口を大きく横に開けて「いー」
・口をすぼませるイメージで前に突き出して「うー」
・舌を舌に突き出して「べー」(舌が顎先にくっつくくらい突き出す)

上記の1~4を1セットとカウントして1日30回程度を目標におこなって下さいやるときには普段話すときよりも大げさなくらい口を大きくしっかり動かしておこないましょう。

必要な道具もありませんし、声を出しておこなわなくても構いませんのでいつでもどこでも思い立ったときにすぐできます。

 

当院のインビザライン矯正

 

インビザライン 歯科医院

 

当院では、目立たないマウスピース矯正のインビザラインはもちろん、ワイヤー矯正や小児矯正も取り扱っております

ワイヤー矯正では前歯の部分に白い器具を使った目立たない矯正を採用しているため、インビザラインだけでは矯正治療が難しい方でも満足して治療を進めていただけるので安心して下さい

またインビザラインとワイヤー矯正の併用など、その人のお口にあった矯正方法をご提供させていただきます

安心して治療を受けていただけます

また、治療費の負担を少なくするためにインビザラインの費用を最大70万円(別途調整量なし)に設定しているところが大きな強みです

 

他院よりも少しでもリーズナブルに、そしてクオリティの高いインビザラインの治療を受けてもらいたいと丁寧な治療を心がけております。

 

矯正治療を考えている方はお気軽にご相談下さい

 

<当院の矯正治療の費用(参考)>

初診料・相談料 無料
再診料(2回目以降の来院時)
早期治療の場合:3,000円
本格治療の場合:5,000円
検査・診断料:30,000円
早期治療(小児):300,000円
本格治療(大人の歯が生え揃っている場合):650,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン):300,000円~750,000円
早期治療から本格治療へ移行の場合:350,000円

 

ワイヤー矯正の併用が必要な方は費用が変更することがあります。お支払いについては、自費診療の場合クレジットカードも使用できますので、お気軽にご相談下さい

 

まとめ

インビザライン矯正でキレイに並んだ歯並びを維持するためには、普段からしているお口の悪いクセを改善していく必要があります。

そこで効果的なのがMFTですどれも簡単にできてお年寄りの方でもできるトレーニングばかりなので、ぜひ気軽に生活に取り入れて行っていきましょう

当院でもMFTが必要だと感じた患者様には積極的に指導を行っています何かわからないことがあればどんどん質問していって下さいね