• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

インビザライン矯正中の被せ物や銀歯について

2021年6月19日

こんにちは北戸田coco歯科です

インビザライン矯正は透明なマウスピースを使用して、目立つことなく治療できる近年人気のある歯科矯正のひとつです。

インビザライン矯正を始めたいと思っていても虫歯治療で銀歯や詰め物がある患者さまや、これから被せ物が入る可能性がある患者さまは歯やインビザライン矯正治療への影響があるのかどうか気になるところかと思います。

今回はインビザライン矯正と銀歯や詰め物についてのお話をさせていただきますね。

 

インビザライン開始前の虫歯治療について

 

インビザライン 詰め物銀歯

 

-インビザライン矯正を考えているが、現在歯の治療中で被せ物が入る予定だがどうしたらいいか?

 

インビザライン矯正をはじめようとしたときにすでに大きな虫歯がみつかっている場合には、まずは虫歯治療を優先しておこなっていただきます。

なぜなら、被せ物をするような虫歯ですと虫歯治療の前後で歯の形が大きく変わってしまうからです。

虫歯治療前にインビザライン矯正のマウスピースを製作しても、歯の形が大きく変わってしまいますとマウスピースをはめることが出来なくなってしまうのです。

特に被せ物が入るような大きな虫歯治療をしている場合には、基本的に虫歯治療を終えてからインビザライン矯正をはじめます。

 

-インビザラインをする予定の歯科医院と虫歯治療をする歯科医院が別の場合はどうしたらいい?

 

インビザライン矯正をする予定の歯科医院と虫歯治療をする歯科医院と別のところへ通っている患者さまもいらっしゃるかと思います。

そのような場合には、必ず双方の歯科医院へご相談ください。インビザライン矯正の治療計画を考慮して虫歯治療をしてもらえるかもしれません。

 

インビザライン治療中に虫歯が見つかったらどうするの?

 

 

インビザラインの矯正期間中に銀歯や詰め物が入った場合にはどのようなトラブルが起こりやすいのでしょうか?説明していきます。

 

・マウスピースがはまらなくなってしまうことがある

 

インビザライン矯正をはじめる前に虫歯治療を終えていても、矯正期間中に虫歯になってしまうこともあるでしょう。初期の虫歯で少しだけ削ってごく一部だけ詰め物をする程度の治療でしたら、歯の形が大きく変わることはありません。

そのため治療した部分を多少調整する程度で、すでに製作してあるマウスピースを使用することができます。しかしながら、虫歯が大きく銀歯や大きな詰め物をせざるを得ない場合にはマウスピースがはまらなくなってしまう可能性が高いです。

虫歯治療で歯の形が大きく変わり、マウスピースがはまらなくなってしまったら再び型取りをしてマウスピースを製作し直さなければなりません。マウスピースの再製作には別途料金が発生してしまいます。

 

・治療計画がスムーズに進まなくなってしまう

 

銀歯や大きな詰め物を入れるような大きな虫歯の治療は、その場ですぐに終わるものではありません。虫歯の部分を削って、歯型を取ってその歯型に合わせて銀歯や詰め物を製作します。

そのあいだ、思うように歯を動かすことが難しくなりますのでインビザライン矯正の治療計画がスムーズに進まなくなってしまうのです。

 

インビザラインはワイヤー矯正よりも虫歯治療がしやすい?

 

 

ワイヤー矯正の治療中に装置が干渉するような虫歯がみつかった場合には、一度ワイヤーの矯正装置を取り外してから虫歯治療をおこなって治療後にまた矯正装置をつけ直すという流れになります。

一方でインビザライン矯正は治療装置が取り外しの簡単なマウスピースですので、万が一矯正治療をはじめてから虫歯がみつかっても比較的治療しやすいです。

 

インビザラインと銀歯や詰め物、ブリッジが入っている歯

 

インビザライン 詰め物銀歯

 

インビザライン矯正をはじめる前からすでに銀歯や詰め物、ブリッジが入っている歯がある患者さまもいらっしゃるかと思います。そのような箇所の治療はどうするのかお話させていただきますね。

 

●インビザライン矯正中は銀歯や詰め物が入っている歯に影響はないのか?

 

すでに銀歯や詰め物が入っていてもインビザライン矯正をすることはできます。しかし矯正治療は歯を何mmも動かしていくことが多いため、銀歯や詰め物の形状によっては合わなくなってきてしまうことも考えられるのです。

理想的な歯並びへ歯を移動させたときに銀歯や詰め物の調整をしたり、作り直したりすることもあります。

 

●インビザライン矯正中はブリッジが入っている歯に影響はないのか?

 

インビザライン矯正する際にブリッジが入っている場合、例えば奥歯にブリッジが入っていて前歯のみインビザライン矯正をするといったケースでは影響はありませんので、そのまま以前から入っているブリッジを使用することができるのです。

しかし、ブリッジの入っている箇所を含めたインビザライン矯正をおこなう場合には、新しい歯並びに合わせて新たにブリッジを作り直す必要があります。

 

作り直す際にはメタルフリーへ変更することもオススメ

 

インビザライン 詰め物銀歯

 

金属アレルギーは身体に金属が当たっていることで引き起こされます。

そのため、銀歯などの金属を使った歯を入れていることも原因のひとつと考えられるのです。お口の中に入れるものですので、もちろん身体に影響のでにくい金属を使ってはいますが特に保険内で使用しているものは経年とともにサビが出てきやすくなってきてしまいます。

もちろん作り直す必要がなければ無理に交換する必要はありませんが、インビザライン矯正後に銀歯など金属製の歯を作り直すときには、金属アレルギーの心配がないセラミックといったメタルフリー素材でお作りすることがオススメです。

 

インビザライン治療中に虫歯リスクを軽減させる方法とは?

 

インビザライン ホワイトニング

 

インビザライン矯正をはじめてからでも、比較的虫歯治療がしやすいことをお話いたしました。

しかしながら、やはり虫歯はないに越したことはありません。インビザライン矯正中に虫歯リスクを軽減させる方法をご紹介しますので、ぜひご参考になさってくださいね。

 

○マウスピースを取り外して隅々までブラッシング

 

インビザライン矯正で使用するマウスピースは患者さまご自身で簡単に取り外すことができるため、矯正後も歯ブラシがしやすいです。

歯間ブラシやデンタルフロスも同様に使用しやすいため、お口の中を隅々までキレイに保つことで虫歯リスクを軽減することができます。

 

○マウスピースをはめるときに少量のフッ素ジェルを塗布する

 

マウスピースをはめるときにブラッシング、歯間ブラシやデンタルフロスをしたあとに少量のフッ素ジェルを塗布すると、通常よりも長時間歯にフッ素を付着させておくことができます。

フッ素は虫歯予防に効果的ですので、ぜひフッ素ジェルを使用してみてください。

 

当院のインビザライン矯正について

 

インビザライン 歯科医院

 

当院では、目立たないマウスピース矯正のインビザラインはもちろん、ワイヤー矯正や小児矯正も取り扱っております

ワイヤー矯正では前歯の部分に白い器具を使った目立たない矯正を採用しているため、インビザラインだけでは矯正治療が難しい方でも満足して治療を進めていただけるので安心して下さい

またインビザラインとワイヤー矯正の併用など、その人のお口にあった矯正方法をご提供させていただきます

安心して治療を受けていただけます

また、治療費の負担を少なくするためにインビザラインの費用を最大70万円(別途調整量なし)に設定しているところが大きな強みです

 

他院よりも少しでもリーズナブルに、そしてクオリティの高いインビザラインの治療を受けてもらいたいと丁寧な治療を心がけております。

 

矯正治療を考えている方はお気軽にご相談下さい

 

<当院の矯正治療の費用(参考)>

相談料:無料
再診料(2回目以降の来院時)
早期治療の場合:3,000円
本格治療の場合:5,000円
検査・診断料:30,000円
早期治療(小児):300,000円
本格治療(大人の歯が生え揃っている場合):650,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン):300,000円~700,000円
早期治療から本格治療へ移行の場合:350,000円

 

ワイヤー矯正の併用が必要な方は費用が変更することがあります。お支払いについては、自費診療の場合クレジットカードも使用できますので、お気軽にご相談下さい

 

まとめ

 

インビザライン矯正は簡単に取り外しのできるマウスピースを使った治療ですので、矯正をはじめてからも虫歯治療が比較的おこないやすいです。しかしながら、インビザライン矯正をはじめる前に見つかった虫歯は先に治療をおこないます。

また、途中で大きな虫歯がみつかって銀歯や詰め物をすることになるとマウスピースを製作し直す可能性がでてきます。矯正の治療計画をスムーズに進めるためにも虫歯はないに越したことはありません。

インビザライン矯正中に虫歯にならないように歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスを使ってしっかりとお口の中をキレイに保つがとても大切です。インビザライン矯正で理想的な歯並びを目指しましょう。

 

こちらの記事もおすすめインビザラインは虫歯になりやすい?その噂は本当?