• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

インビザライン矯正で歯磨きができない時にはどうしたらいい?

2022年3月11日

こんにちは北戸田coco歯科です

インビザライン矯正は透明なマウスピースを使用して治療しますので、目立つことなく治療を進めることができる近年人気のある矯正治療のひとつです。

マウスピースは取り外すことができますので、これまで通りに歯磨きをすることができます。

しかしながら、歯磨きが難しいときにはどうしたらいいのでしょうか。

今回はインビザライン矯正で歯磨きが難しいタイミングにはどうしたらいいのかについて、お話させていただきます

 

インビザライン中に歯磨きができない時どうしたらいい?

 

インビザライン 歯磨きできない時

 

インビザライン矯正中はマウスピースを取り外して食事を楽しむことができます。

食後は丁寧に歯磨きをして、お口の中の汚れを取り除いてからマウスピースを再装着することが基本です。

しかしながら、すぐに歯磨きができないときもあるかと思います。そんなときにはどうしたらいいのかお伝えいたしますので、ぜひご参考になさってくださいね。

 

食後に歯磨きができない時にはどうしたらいい?

 

インビザライン 歯磨きできない時

 

インビザライン矯正中は食後にお口の中をキレイにしてから、マウスピースを再装着することが基本です。

しかしながら、外出中などで歯磨きができないときもあるかと思います。

そんなときには、マウスウォッシュでお口の中に残っている汚れや食べかすを落とすことがオススメです。

マウスウォッシュがない場合でも、せめてお水でよくゆすぐようにすると良いかと思います。

お口の中をできるだけキレイにしてから、マウスピースを再装着するようにしてくださいね。

ただし、マウスウォッシュには虫歯や歯周病の原因になるプラーク(歯垢)を落とす効果はほとんどありません

お口の中の殺菌効果や口臭予防という応急処置的なものになりますので、必ず早めに歯磨きをするようにしましょう。

参考:Eパーク

 

歯と歯の隙間にもご注意を

 

インビザライン矯正中に歯磨きができないときにはマウスウォッシュを使用することにプラスアルファして、歯と歯の隙間の食べかすを取り除くことをオススメします。

食べかすをそのままにしておくと、口臭の原因にもなるのです。

 

歯磨きをしないままマウスピースをすることの悪影響

 

北戸田coco歯科

 

歯磨きができない状況だからといって、そのまま再装着をすることはオススメできません。

こちらではお口の中の汚れが残った状態のまま再装着することで起きる悪影響についてお話させていただきます。

 

歯の動きに影響がでる可能性がある

 

歯と歯の隙間に食べかすが残ったままですと、歯が移動するためのスペースがない状態になってしまいます。

その状態が続くと、インビザライン矯正の治療計画どおりに歯が動かなくなる可能性があるのです

そのため、歯と歯の隙間に詰まっている食べかすはできるだけ早く取り除くようにしてください。

 

虫歯や歯周病になりやすい

 

マウスピースと歯のあいだに食べかすが残ったままでマウスピースを再装着しますと、汚れや細菌が歯に密着している状態になります。

そのままの状態で長時間放置すると、汚れや細菌が原因で虫歯や歯周病になりやすくなってしまうのです。

 

虫歯や歯周病になると治療計画通りにいかなくなる

 

虫歯や歯周病になると、基本的にはそちらの治療が優先になります。

小さな虫歯程度でしたらすぐに削って小さなプラスチック素材を詰めて治療完了になるため、そこまで気にするほどのロスタイムはありません。

しかしながら、大きな虫歯になると被せ物にしなければならない可能性があります

被せ物をすると歯の形が大きく変わることがあり、そのような場合にはマウスピースを作り直すこともあるのです。

マウスピースの再制作には追加で費用がかかることが多く、インビザライン矯正の期間が長くなるだけではなく金銭面でも負担がかかります。

また矯正専門医院ですと虫歯や歯周病の治療をおこなっていないこともあり、その際には別の歯科医院で治療を受けてきていただいて治療完了次第インビザライン矯正を再開という手順です。

 

関連記事:白い詰め物「CR」が入っていてもインビザライン矯正は問題ない?

 

インビザライン矯正中は軽くでも歯磨きするのがベスト

 

インビザライン 歯磨きできない時

 

インビザライン矯正中は食後にマウスピースを再装着する前に、丁寧に歯磨きをすることが一番理想的です。

しかしながら、丁寧に歯磨きをすることが難しいシチュエーションもあるかと思います。

少しでもお口の中をキレイにしてから、できるだけ早くマウスピースを再装着してください。

 

軽くでも良いので歯磨きをすることがオススメ

 

食事を楽しんだ後は、レストランのお手洗いなどで軽くでもいいので歯磨きをすることがオススメです。

食後に何もせずにそのままマウスピースをはめてしまうと、歯に汚れが密着してしまうだけではなくマウスピースも不衛生になります。

特に色の濃い食べ物や飲み物をとった後は、着色もしやすいので注意が必要です。

 

インビザライン中に持っていたいアイテム

 

インビザライン 歯磨きできない時

 

インビザライン矯正中はマウスピースを装着しているため、唾液の自浄作用を期待することができません。

そのため、食後にマウスピースを再装着する際にはお口の中をキレイにすることが大切です。

本来であれば歯磨きをすることが一番いいのですが、すぐに歯磨きをすることが難しいシチュエーションでも使いやすいアイテムを持ち歩いておくと安心できるかと思います。

 

歯磨きがすぐにできないときに便利なアイテムとは?

 

・マウスウォッシュ

ボトルタイプだけではなく、個包装のパウチタイプやポーションタイプのものがありますので持ち歩きにはこちらのタイプがオススメです。

 

・デンタルフロス

使った分だけすぐに処分できますし、歯と歯のあいだに残った食べかすを取り除くことができます。隙間が狭い部分にも使いやすいです。

 

・歯間ブラシ

デンタルフロスと同じように、歯と歯のあいだに残った食べかすを取り除くことができます。歯間ブラシは隙間が大きい部分に使いやすいです。

 

・歯磨きシート

お水や洗面台がなくても歯の表面をキレイにすることができます。歯磨きシートを指に巻き付けて歯の汚れをこすって取り除くものです。

 

上記のようなアイテムを持ち歩いておくと、歯磨きができないシチュエーションのときにもお口の中をキレイにすることができます。

インビザライン矯正中は食後何もせずにそのままの状態でマウスピースを再装着することは避けて、できる限りお口の中をキレイにしてから再装着してくださいね。

 

特に使用しやすいオススメアイテムは?

 

インビザライン矯正中で歯磨きがすぐにできないシチュエーションのとき、特に使用しやすいアイテムはマウスウォッシュです。

マウスウォッシュは虫歯や歯周病の予防効果をうたっているものも販売されています。

しかしながら、マウスウォッシュは歯磨きに代わるアイテムではありません。

食後、歯に残っている歯垢(プラーク)は水に溶けにくく歯の表面にベトベトと付着しています。

そのため、帰宅したときなど歯磨きがしっかりとできる状況になったら早めに歯磨きをしましょう。

 

当院のインビザライン矯正

 

インビザライン 歯科医院

 

北戸田coco歯科のインビザラインでは、矯正治療のプロである認定医が在籍しているために安心安全の質の高い治療をご提供しています。

また、なるべく歯を抜かないで行う「非抜歯矯正」を心がけておりますので、なるべく歯を抜きたくないという方は一度後相談してください。

当院の矯正治療については以下のリンクから確認してみてください

北戸田coco歯科矯正専門サイト

 

まとめ

インビザライン矯正中はほぼ一日中マウスピースをはめていますので、唾液の自浄作用を期待することができません。

そのため、普段よりもお口の中をキレイに保つ必要があります。特に食後は汚れや食べかすが残っていますので、歯磨きをしてからマウスピースを再装着することが理想です。

しかしながら、すぐに歯磨きができないシチュエーションのときもあるかと思います。

そんなときにはマウスウォッシュやデンタルフロス、歯磨きシート等のアイテムを使って少しでもお口の中をキレイにしてから再装着することがオススメです。

マウスピースを取り外せることで、普段どおりに食事を楽しめるインビザライン矯正のメリットを生かしながら理想的な歯並びを目指しましょう。

 

こちらの記事もおすすめ:インビザライン矯正中に歯のクリーニングはすべき?施術内容や注意点