• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

インビザライン矯正で「しゃくれ」を治すことはできる?

2021年1月31日

 

こんにちは北戸田coco歯科です

下の顎が極端に前に出てしまっているいわゆる「しゃくれ」の状態ですが、インビザライン矯正で治療することはできるのでしょうか?



しゃくれ(受け口)とは?

インビザライン しゃくれ

しゃくれや受け口と呼ばれる状態の歯並びは、歯科で「反対咬合(はんたいこうごう)」や「下顎前突(かがくぜんとつ)」という名前があります。

下の歯が上の歯よりも前に出ている状態の歯並びのことで、不正咬合の一つです。

 

インビザライン しゃくれ



この受け口になってしまう理由には2つのパターンがあり、下の顎の過度な成長や上の顎の成長が不十分による「骨格性の受け口

そして、下の前歯が前方に突出しているなど歯の位置の問題である「歯槽性(しそうせい)の受け口」によるものです。

 

➖しゃくれ(受け口)になってしまう原因


しゃくれ(受け口)になってしまう理由にはいくつかありますが、ほとんどが親が受け口である場合などの遺伝によるもの

上の前歯が内側に、下の前歯が外側に向かって生えてしまう歯並びの問題、そして舌で下の顎の前歯を押し出すなど幼少期からのクセによるものです。

 

インビザライン矯正でしゃくれは治療できる?

 

マウスピース

 

先ほども説明したように、しゃくれになってしまう原因には2つのパターンがあるとお話ししましたが、歯の位置の問題である歯槽性(しそうせい)の受け口」の場合であればインビザライン矯正で治療ができることがあります。

歯の生え方の問題なので、インビザラインのマウスピースを装着することで歯を内側へと戻していきます。

しかし、これは軽度の受け口の方に適応されるため、重度の受け口の場合にはインビザライン矯正だけでは治療ができないこともあります。

またあ。骨格の問題である「骨格性の受け口」の場合には、矯正治療だけでなく顎の骨の外科手術が必要になることがあります。とても大掛かりな処置になりますので、外科のドクターと矯正医師で連携を取りながら治療を進めていきます。

外科手術では、下の顎の骨を切除し、後方へスライドさせ顎の位置を修正していく「下顎骨切り術(セットバック法)」という施術方法でオペをしていきます。

ご自身がどのようなタイプの受け口なのかは歯科医師が判断しますので、まずは歯科医院で相談してみてください。

 

インビザライン矯正はどのように治療をしていくの?

 

インビザライン とは

 

軽度の受け口の場合であればインビザライン矯正で治療が可能とお話ししましたが、受け口の治療では、前に出てしまっている歯列を後ろへと下げていくことがとても重要になります。

インビザライン矯正は歯列全体に均等に力をかけられるので、歯列を後ろ側へ動かすことを得意としています。

そのため、受け口(しゃくれ)の治療にも効果的なのです下の顎に十分なスペースがある方の場合にはインビザラインのマウスピースを装着することで、 前に出ている歯を無理なく移動させて受け口を改善することが可能です。

また、歯が並ぶスペースがない場合には抜歯を必要とすることもありますが、抜歯矯正の場合にはワイヤー矯正と併用になることもあります。

 

しゃくれの歯並びが与える悪影響は?

 

インビザライン しゃくれ

 

顎が前に出てしまっているしゃくれの状態は見た目にも気になるだけでなく他の問題も指摘されています。

歯並びが正しい状態から大幅にズレてしまっているために、正しい位置でまっすぐに噛めず、顎をずらしながら噛むクセがつきやすくなるため骨格的なあごの歪みへと発展してしまう。

受け口の噛み合わせでものを噛みつづけることで歯肉がさがり歯肉退縮(しにくたいしゅく)が起こってしまったり、歯がぐらぐらになってしまう、歯が欠けてしまうなどの悪影響を引き起こしやすくなります。

特にしゃくれ(受け口)状態は噛み合わせがよくないケースが多いので早めに治療することをおすすめしています。

 

ワイヤー矯正と併用になることもあります

 

インビザライン 抜歯

 

受け口の方の場合は、歯を動かす距離が大きいことからインビザライン矯正飲みだけでは治療を進められないケースがあります。

その場合には、ワイヤー矯正のみで治療を進めていく、またはインビザライン矯正とワイヤー矯正を併用して行っていく方法などがあります。

また、抜歯が複数必要な場合もワイヤー矯正になる可能性が高いということを覚えておきましょう。当院ではインビザライン矯正をする全ての患者様にワイヤー矯正が必要になる場合があるということをご説明させていただいております。

目立たないワイヤー矯正器具を使用しておりますので、ご安心してくださいね

どの治療法が適応になるかは、その人によって変わってきますので、まずは矯正相談にきてください

 

当院のインビザライン矯正

 

インビザライン 歯科医院

 

当院のインビザライン矯正は、国内の歯科医師の中でも約3%しかいない日本歯科矯正学会の「認定医」が担当しており、質の高いインビザライン矯正を提供しております

また、インビザラインだけでなく目立たないワイヤー矯正や、小児矯正にも対応していますので、矯正治療を考えている方はお気軽にご相談ください!


<当院のインビザライン費用>

 

初診料・相談料 0円
インビザライン1(前歯のみ、治療後の後戻り) 200,000円〜
インビザライン2(1より歯並びが悪い場合) 400,000円〜
インビザライン3(上下顎の全体) 〜700,000円
管理料(調整量) 5000円
保定装置料 矯正費用に含まれています(0円)
精密検査料(検査診断料) 30,000円

また費用の面でも、出来るだけ余計な費用を抑えた価格設定になっており、無利子での院内分割支払いにも対応しておりま

家族割りなどお得な制度も用意しておりますので、ぜひご検討してみて下さい

当院では、歯科医師・矯正医師・歯科衛生士が一丸となって歯や歯ぐきの健康を守っていきます

矯正中も歯周病や虫歯にならないように、しっかりとケア、診察させていただきますので安心して通って下さいね!

 

まとめ

今回は、インビザライン矯正としゃくれの関係についてお話ししていきましたが、しゃくれ(受け口)状態は数ある不正咬合の中でもトップクラスに治療が難しい歯並びとされています

もし歯を後ろに動かすことができても噛み合わせに問題が出て、その後顎関節症や頭痛など全身の不調につながる恐れもありますので注意して治療を進めていく必要があるのです

重度の受け口の方は顎の骨の手術が必要になることもありますし、軽度の方であればインビザライン矯正で治療が可能なことがあります。

まずは歯科医院で相談してみてくださいね!当院でも矯正の無料相談を行っておりますので、お気軽にご予約くださいね