• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

インビザラインも医療費控除の適応になる?

2020年12月16日

こんにちは北戸田coco歯科です

歯並びをキレイにする矯正治療は高額な治療費がかかるので、出来れば少しでもお得に費用を出来るだけ安く抑えたいものです。

一般的に医療費には「医療費控除」という制度があるのはご存知かと思います

では、インビザラインを始めとする矯正治療には医療費控除は適応になるのでしょうか?

今回詳しく説明していきます

 

医療費控除とは?

 

インビザライン 医療費控除

 

まず「医療費控除」って何?という方にご説明しますね

医療費控除とは1月1日から12月31日までの1年の間に10万円以上の医療費を支払った場合、税務署へ確定申告することで所得税が減額され、医療費の一部が還付される制度になります

これは、一般的な医療費の他に歯科も対象になります。

また、ご自身だけでなく、家族全員の医療費を合算して10万円以上でも対象になりますので、ぜひ申請するようにしましょう


場合によっては歯科矯正も医療費控除の対象

 

歯がない人が治療法を決める前に知っておきたいポイント

 

歯科の中でも高額な治療費がかかる歯科矯正もケースによっては医療費控除の対象になるんです

ただし、これには条件がありインビザライン矯正で医療費控除が認められるには「歯の機能に問題があること」が前提になります。

歯の機能の問題とは、発育段階にある子供の成長を阻害するような噛み合わせの悪さがある場合や、大人の方であれば噛み合わせが悪いせいで発音に支障が出ているなどのケースです

審美目的の矯正歯科では医療費控除は適応になりませんのでご注意下さい

まずは、医療費控除が適応になるケースかどうか歯科医師と相談してみて下さいね

 


医療費控除の対象になるもの

 

インビザライン 医療費控除

 

対象と認められると、インビザライン矯正にかかるすべての費用が医療費控除の対象になります

治療費はもちろん、病院への交通費なども対象になるので、レシートをしっかりと保管しておきましょう

・矯正治療のために支払ったレントゲンなどの検査費、治療費
・矯正器具の作製費用、また器具の調整費用
・公共交通機関を使った際の交通費

*自家用車の場合はガソリン代や駐車場代は含まれませんので注意して下さい

 

医療費控除申請の流れと必要書類

 

インビザライン 医療費控除

 

医療費控除を申請する場合には以下の書類が必要になります。前もってしっかりと準備しておくようにしましょう

・支払った医療費レシートや領収書など
・医療費控除の明細書
・源泉徴収票
・確定申告書AもしくはB(ご自身がどちらを使用するべきかは税務署へご確認下さい)
・本人確認のできるもの

医療費控除の流れとしては、以下のようになります

①まず今までに支払った医療費のレシートや領収書をみながら医療費控除の明細書に記入していきます
②確定申告書AもしくはBを記入し本人確認のできるもののコピーと源泉徴収票を添付
③税務署へ提出

 

当院のインビザライン矯正

 

インビザライン 歯科医院

 

当院では、目立たないマウスピース矯正のインビザラインはもちろん、ワイヤー矯正や小児矯正も取り扱っております

ワイヤー矯正では前歯の部分に白い器具を使った目立たない矯正を採用しているため、インビザラインだけでは矯正治療が難しい方でも満足して治療を進めていただけるので安心して下さい

またインビザラインとワイヤー矯正の併用など、その人のお口にあった矯正方法をご提供させていただきます

安心して治療を受けていただけます

また、治療費の負担を少なくするためにインビザラインの費用を最大75万円に設定しているところが大きな強みです

 

他院よりも少しでもリーズナブルに、そしてクオリティの高いインビザラインの治療を受けてもらいたいと丁寧な治療を心がけております。

 

矯正治療を考えている方はお気軽にご相談下さい

 

<当院の矯正治療の費用(参考)>

初診料・相談料 無料
再診料(2回目以降の来院時)
早期治療の場合:3,000円
本格治療の場合:5,000円
検査・診断料:30,000円
早期治療(小児):300,000円
本格治療(大人の歯が生え揃っている場合):650,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン):300,000円~750,000円
早期治療から本格治療へ移行の場合:350,000円

 

ワイヤー矯正の併用が必要な方は費用が変更することがあります。お支払いについては、自費診療の場合クレジットカードも使用できますので、お気軽にご相談下さい

また、医療費控除の対象になるかどうかどうか気になる方は、気軽に相談して下さいね

 

まとめ

高額な医療費がかかる矯正治療ですが、インビザライン矯正でも歯の機能に問題がある場合であれば、医療費控除の対象になります

ただし、インビザライン矯正をする方全員が対象になるわけではありませんので注意して下さい

もし適応でなくても当院は費用を抑えたインビザラインを提供しておりますので、ぜひ無料相談でご相談にきて下さいね