インビザラインをしたらブラックトライアングルが!その原因は?|戸田市の歯医者|北戸田COCO歯科

BLOG 医院ブログ

インビザラインをしたらブラックトライアングルが!その原因は?

こんにちは北戸田coco歯科です

インビザライン矯正は透明なマウスピースを使用して、目立つことなく治療を進めることができる近年人気のある歯科矯正です。

矯正治療は歯に力を加えて動かしていきますが、歯の隙間に「ブラックトライアングル」と呼ばれる空間ができることがあります。

今回はインビザライン矯正とブラックトライアングルについてお話させていただきますので、ご参考になさってくださいね。

 

インビザラインとブラックトライアングルについて

 

インビザライン ブラックトライアングル

参考

 

矯正治療をおこなうとできる可能性がある「ブラックトライアングル」ですが、ブラックトライアングルとはどのようなものなのでしょうか。

また、インビザライン矯正だからできやすいものなのかとご不安な患者さまもいらっしゃるかと思いますので、インビザライン矯正とブラックトライアングルについての関係もご説明いたします。


ブラックトライアングルとは?

 

 

「ブラックトライアングル」とは隣同士の歯と歯がくっついている点と歯ぐきとの隙間にできる三角形の隙間です。

三角形で黒く見えるため、そのままの名前となっています。

 

インビザライン矯正をするとブラックトライアングルができやすいの?

 

インビザライン矯正だから、ブラックトライアングルができやすいというわけではありません。インビザライン矯正だけではなく、歯列矯正をするとブラックトライアングルができやすいです

 

 

ブラックトライアングルができる原因とは?

 

インビザライン 顎変形症

 

ブラックトライアングルは歯列矯正をおこなうとできやすいものです。

それでは、ブラックトライアングルができる原因について詳しくお話させていただきます。ご参考になさってください。

 

 

ブラックトライアングルができる原因

 

ブラックトライアングルができる直接的な原因は「歯ぐきが下がってしまった」ということです

これは歯が埋まっている歯槽骨という骨に関係しています。歯槽骨は歯周病や加齢などで減少していき、歯槽骨が減るとそれとともに歯ぐきも下がっていくのです。

特に前歯は根っこの方向へいくにしたがって細くなる形状のため、下がってきた歯ぐきと歯の隙間が三角形になりやすくなっています。その部分が「ブラックトライアングル」です。

 

なぜ歯列矯正をするとブラックトライアングルができやすいの?

 

インビザライン 再治療

 

なぜ歯列矯正をおこなうとブラックトライアングルができやすいか、代表的な原因は2点ほどあります。

1点は歯並びや噛み合わせが悪い部分の歯ぐきの腫れが治まって引き締まることで歯ぐきが下がることです。

これは歯ぐきが健康的になったということですので、デメリットではありません。

もう1点は歯並びや噛み合わせが悪く、特に歯と歯が重なっていた部分には歯槽骨が少ない可能性が高いからです

歯列矯正をおこなって歯を動かしていくと、そういった歯槽骨の少ない部分にも歯を並べていくことになります。

結果として、そのような歯槽骨が少ないところにはブラックトライアングルができやすいです。

 

 

歯列矯正以外ではブラックトライアングルはできないの?

 

 

歯列矯正以外でも、ブラックトライアングルができることがあります。

それは必要以上に強い力で歯磨きをしてしまうことが原因です。

力をかければ歯をキレイに磨けるわけではありませんし、歯ぐきに強い力をかけて磨くと歯ぐきが下がってブラックトライアングルができる可能性があります。

歯磨きに自信のない患者さまは、歯科医院で正しい歯ブラシの当て方について聞いてみてくださいね。

 

 

ブラックトライアングルがあることの悪影響

 

インビザライン 口乾燥

 

上記のようにブラックトライアングルができる原因はいくつかあります。それではブラックトライアングルがあることで、どんな悪影響があるのでしょうか。詳しくご説明いたします。

 

ブラックトライアングルがあると起こる悪影響とは?

 

ブラックトライアングルがあっても、歯の健康に直接的な影響はありません

しかしながら、ブラックトライアングルの部分に食べ物が詰まりやすいケースや、あまりに大きなブラックトライアングルですと発音に影響がでる可能性もあるのです。

また、知覚過敏を起こしやすくなりますので、硬い歯ブラシで歯を磨かないようにしましょう

 

関連記事:インビザライン矯正中に知覚過敏になった!原因と対処法を紹介

 

ブラックトライアングルの審美的な面での影響は?

 

審美的な面では、ブラックトライアングルという名前の通り歯と歯のあいだに黒い三角形があるため気になる患者さまもいらっしゃるかと思います。

しかしながら、健康面で影響のあるものではありませんのであまり気にしすぎないようにしましょう。

 

インビザラインでブラックトライアングルができてしまった場合

 

 

インビザライン矯正でブラックトライアングルができてしまったときには、元の状態に戻すことができるかどうか気になる部分かと思います。

ここではできてしまったブラックトライアングルを改善していくことについてお伝えいたしますので、ぜひお読み頂けましたら幸いです。

 

ブラックトライアングルができてしまったら、元の状態に戻せる?

 

ブラックトライアングルは一度できてしまうと、元の状態に戻すことがほぼ不可能です

そのため、正しく清掃をおこなって汚れがたまらないようにしてください。

歯槽骨が少なくてできてしまったブラックトライアングルの部分は防ぐことが難しいですが、お口の中をキレイに保つことで歯周病になりにくくなります。

歯槽骨は健康な状態でも、加齢で減っていくため少しでも歯ぐきが下がることを防ぐためには歯周病にならないようにすることが大切です。

 

ブラックトライアングルは自然に元に戻ることはある?

 

残念ながらブラックトライアングルは自然に元の状態に戻るものではありません。

インビザライン矯正が終わっても歯槽骨が勝手に増えて下がった歯ぐきが治るわけでもないため、ブラックトライアングルはできないように予防することが一番大切です

 

歯列矯正をおこなうとブラックトライアングルは必ずできるものなのか

 

インビザライン

 

ブラックトライアングルはインビザライン矯正だけではなく、歯列矯正をおこなうとできやすいものだとお伝えしました。

歯列矯正をおこなうと、どこかしらに必ずブラックトライアングルができてしまうのではとご心配な患者さまもいらっしゃるかと思います。

 

歯列矯正をするとブラックトライアングルができる?

 

歯列矯正をおこなったからといって、必ずどこかしらにブラックトライアングルができるというわけではありません。

患者さまのお口の中や歯槽骨の状態によって様々です。

ブラックトライアングルは歯並びやかみ合わせを整えたあとに気がつくケースが多いですが、治療前に予測がつく可能性もあります。

しかしながら、どんなにベテランの歯科医師でも完璧な予測をすることは難しいです。

 

当院のインビザライン矯正

 

北戸田coco歯科

 

北戸田coco歯科では、矯正のプロフェッショナルでもある矯正の認定医が在籍しており、質の高い矯正治療をご提供しております

インビザラインだけでなく、白い器具を使ったワイヤー矯正、そして裏側矯正、ワイヤーとマウスピースを併用したハイブリッド矯正など豊富なメニューをご用意しております

当院の矯正治療については以下のリンクからチェックしてみてください

■■北戸田coco歯科の矯正治療について■■

 

 

まとめ

加齢や歯周病だけではなく、歯列矯正でもできやすいブラックトライアングルは健康面では問題ありません。

しかしながら、審美的な面では気になる患者さまもいらっしゃるかと思います。ブラックトライアングルは一度できてしまうと、元の状態に戻すことは難しいです。

そのため、ブラックトライアングルができないように予防することが大切になります。

ブラックトライアングルができる直接の原因は歯ぐきが下がってしまうことですので、歯周病になって歯ぐきが下がることのないようにお口の中を清潔に保つようにしてください。

正しい歯磨きで歯周病を防ぐことは、矯正の治療計画をスムーズに進めることにも繋がります。

透明なマウスピースを使って目立つことなく治療のできるインビザライン矯正で、理想的な歯並びを目指しましょう。

 

こちらの記事もおすすめ:インビザライン矯正と「歯肉退縮」について!予防や対処法は?