• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

インビザライン矯正は「インプラント」が入っていても問題ない?

2021年8月20日

こんにちは北戸田coco歯科です

インビザライン矯正は、透明なマウスピースを使って歯を動かしていく近年人気のある歯科矯正です。

インビザライン矯正をはじめるにあたって、インプラントが入っているため治療ができるのか不安がある患者さまもいらっしゃるかと思います。

今回はインビザライン矯正とインプラントについてお話させていただきますね。

 

インプラントが入っていてもインビザライン矯正はできる?

 

結論から申し上げますと「できます」。

インプラントが入っていても、歯科医師の豊富な知識や経験から治療計画を立ててインビザライン矯正でキレイな歯並びにしていくことはできるのです。

しかしながら、インプラントが入っていることでインビザライン矯正がスムーズにいかないケースもあります。

 

■インプラントとはどんな治療方法?

 

インビザライン インプラント

インプラント

 

インプラントとは、虫歯や歯周病が原因で歯がなくなってしまった部分を補う治療方法のひとつです。歯を支えている歯槽骨という骨に土台となるネジを埋め込みます。

埋め込んだ土台の上に被せ物の歯を装着していくことで、ご自身の歯とほぼ同じように硬いおせんべい等も躊躇なく食べられるようになるのです。

インプラント以外の選択肢としては、ブリッジや入れ歯があります。

ブリッジや入れ歯は保険診療で治療できますが、しっかりと強く噛むことができて審美性の良いインプラントは自費診療です。また、外科手術が必要な治療となります。

 

参考:教えてインプラント治療ってなあに?

 

■インプラントが入っているところもインビザライン矯正ができるの?

 

インビザライン インプラント

 

前述の通り、インプラントは歯槽骨に直接埋め込んでいます。

そのため、インプラントの歯自体は動かすことができません。しかしインプラントの歯を動かすことができなくても、インビザライン矯正ができるケースもあります。

 

■先にインプラントをしてあるケースにはメリットも

 

インビザライン 前歯

 

インプラントの歯が動かせないという点を利用して、歯を支えとして利用してインビザライン矯正を有利に進める方法もあります。

強固な固定源として利用することで、他の歯を大きく動かして治療期間を短縮することができるのです。

また、抜歯を避けることに繋がるため患者さまへの負担を軽減することができます。

 

■インプラントをしてあるケースのデメリットとは?

 

インビザライン 食事

 

インプラントの歯は力をかけても動かすことができません。

歯並びや噛み合わせが良くない状態に合わせて作られているため、矯正をおこなった歯列に上手く入れるためにインプラントの被せものを作り直す必要があることがあります。

場合によってはインプラント自体を埋め込み直す必要がでてくるケースがありますので、歯科医師とよくご相談くださいね。

 

■インプラント矯正とは?

 

インプラント矯正とは、すでに入っているインプラントの部分を固定源として利用する方法と矯正のためだけに入れるインプラントの2種類があります。

矯正のためだけに入れるものは「歯科矯正用アンカースクリュー」といい、歯を失ったときに使うインプラントとは全くの別物です。

歯科矯正用アンカースクリューは強固な固定源として利用でき、歯科矯正の期間を短縮したり患者さまの治療負担を軽減することができます。

歯を失ったときに使うインプラントとの大きな違いは、インビザライン矯正終了後に必要がなくなったら取り外すことができる点です。


参考:https://kitatoda-cocoshika.com/implant/orthodontic-treatment/

 

インプラントを考えている方はまず矯正治療から

 

インプラント矯正とは?2つの治療法

 

現在インプラントが入っていないが、将来的にはインプラントを考えている患者さまはインビザライン矯正とインプラントのどちらを先にやるべきかお悩みかと思います。

より良い治療の順番についてお話させていただきますね。

 

■インビザライン矯正を先にやる必要があります

 

将来的にインプラントをお考えの場合には、インビザライン矯正を先にやる必要があります。

なぜなら、インビザライン矯正を先にやることでインプラントに必要なスペースを確保したシミュレーションをおこなうことができるのです。

 

■将来的にインプラントを考えているなら矯正のカウンセリングでご相談を

 

上記でお伝えした通り、インビザライン矯正で一番最初におこなうシミュレーションでインプラントをする部位に必要なスペースを確保した治療計画を立てます。

そのため、インプラントをお考えの患者さまはインビザライン矯正のカウンセリングのときにご相談いただくとスムーズに治療計画を立てていくことができるのです。

また、インプラントとインビザライン矯正の両方に対応している歯科医院でしたらより一層細かく治療計画を立てることができます。

 

■インプラントとインビザラインは同時にできないの?

 

結論からお伝えしますと、インプラントとインビザライン矯正は基本的に同時に治療をおこないません。

インプラントは麻酔をしますし、インビザライン矯正は痛みが比較的少ない歯科矯正ではありますがどちらも痛みを伴いますので患者さまの負担が大きくなってしまいます。

 

■インプラントとインビザライン同時にできるケースはまったくないの?

 

インビザライン矯正をする部分と、インプラントを考えている箇所とでお互いにまったく影響がないといったケースは例外として同時に行える可能性もまれにあります。

しかしながら、患者さまのお口の中の負担を考えるとやはりインビザライン矯正の治療が終わってからインプラントをおこなうことがオススメです。

 

インプラントが入っているけど矯正治療がしたい場合

 

インプラントが入っていても、インビザラインを部分矯正で対応することでインプラントがある箇所を気にすることなく治療ができるケースもあります

このような場合には大きくかみ合わせが変わらない限り、インプラントの被せ物を作り直したりインプラント自体を埋め直すこともありません。

患者さまのケースではどのような流れで治療していくことになるのか歯科医師とご相談くださいね。

 

■インプラントが入っているケースの治療計画について

 

インプラント治療後にインビザライン矯正をお考えの場合には、経験豊富で深い知識を持つ歯科医師のもとでご相談いただくことがオススメです。

お口の中の状態を歯科専門の機材を用いて詳しくお調べし、患者さまお一人お一人に合った治療計画を立てていくことになります。

どのような治療計画を立てるかは歯科医師によって異なりますので、診断結果にご納得いただいた上で治療を進めていきましょう。

 

北戸田coco歯科のインビザライン矯正

 

インビザライン 歯科医院

 

当院では、目立たないマウスピース矯正のインビザラインはもちろん、ワイヤー矯正や小児矯正も取り扱っております

ワイヤー矯正では前歯の部分に白い器具を使った目立たない矯正を採用しているため、インビザラインだけでは矯正治療が難しい方でも満足して治療を進めていただけるので安心して下さい

またインビザラインとワイヤー矯正の併用など、その人のお口にあった矯正方法をご提供させていただきます

安心して治療を受けていただけます

また、治療費の負担を少なくするためにインビザラインの費用を最大70万円(別途調整量なし)に設定しているところが大きな強みです

 

他院よりも少しでもリーズナブルに、そしてクオリティの高いインビザラインの治療を受けてもらいたいと丁寧な治療を心がけております。

 

矯正治療を考えている方はお気軽にご相談下さい

 

<当院の矯正治療の費用(参考)>

相談料:無料
再診料(2回目以降の来院時)
早期治療の場合:3,000円
本格治療の場合:5,000円
検査・診断料:30,000円
早期治療(小児):300,000円
本格治療(大人の歯が生え揃っている場合):650,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン):300,000円~700,000円
早期治療から本格治療へ移行の場合:350,000円

 

ワイヤー矯正の併用が必要な方は費用が変更することがあります。お支払いについては、自費診療の場合クレジットカードも使用できますので、お気軽にご相談下さい

 

 

北戸田coco歯科のインプラント治療

 

インビザライン インプラント

 

北戸田coco歯科のインプラント治療は、患者さまに一つの治療方法を押し付けるのではなく、予算や治療期間など患者さまのご要望や状態に合わせて、治療計画を立案します

もちろん計画にご納得いただいた状態でなければ、治療は開始しません。

専用のカウンセリングルームでじっくり話し合い、書面で一つひとつ患者さまと確認しながら話を進め、治療後の「こんなはずじゃなかった」という事態を防ぎます。

通常であれば費用がかかる、CT撮影と診断料を無料にさせていただき、気軽にインプラントの相談ができるようにしております

国内トップシェアを誇るGC社製のジェネシオRe PlusとセティオPlusを使用、痛みや腫れの少ない治療を心がけておりますので、ぜひインプラントをお考えの方はご連絡ください

 

まとめ

 

インプラントとインビザライン矯正の両方をお考えの患者さまは、その旨を歯科医師へお伝えいただいてインビザライン矯正の治療計画を立ててください。

このような流れでしたら、インプラントのスペースを考慮した歯並びにしていくことができます。患者さまの状態によって治療の流れは違うため一概にはいえませんが、もしすでにインプラントが入っていても、インビザライン矯正をする方法はあります。

また、インプラントが入っているからこそ固定源として利用できるというメリットもあるのです。透明なマウスピースで目立つことなく治療ができるインビザライン矯正で理想的な歯並びを目指しましょう。