• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

歯が溶ける・・・酸蝕症って??

2019年6月24日

こんにちは北戸田COCO歯科 副院長田口です

暑くなってきて、冷たい飲み物がますますおいしく感じますよね

そんな時、しみたり、歯の表面が黄ばんで見えたりすることがありませんか?

 もしかすると、それは「酸蝕歯」(さんしょくし)かもしれません。

 歯が溶けてるってことは、虫歯?と思う方が多いと思いますが、

 虫歯は、虫歯菌が甘いものに含まれる糖類から酸をつくりだし、その酸が歯を溶かしてしまうことで起こります。

 ところが、酸蝕歯は甘いものではなく、酸性度の高い飲み物が日常的に歯に触れることで、 その酸が歯を溶かすことで起こります。

 小さいころに、「コーラは歯を溶かすから飲んじゃダメ!!」とよく言われたことを思い出します・・・・

 そもそも飲み物の酸性度って?と思うかもしれません。

酸性度を示す指標にpH(ペーハー、ピーエイチ)があります。化学の時間に習った覚えがありますか??

歯が溶け始めるのは、pH5.5以下の飲み物に歯が触れたときです。

 pHとは、酸性、アルカリ性を示す値です。pH7は中性を意味し、7よりも小さい数値ほど酸性度が強く、逆に7よりも数値が大きいほどアルカリ度が強いということになります。

 口の中のpHは通常、唾液の力によって中性(pH7)に保たれています。歯は酸性を示す食物に長い時間触れていたり、唾液の分泌量が少なかったり、酸性の状態が持続すると、溶けてしまうことがあります。

 歯は、表面がエナメル質、その内側は象牙質でできています。ちなみに、エナメル質は体の中で最も硬い部分で、骨よりも硬く歯を守っています。そんなに強いエナメル質も、pH5.5以下の飲み物が歯に当たることで溶け出してしまいます。

 そんなこと言ったら、何も飲めなくなりますよね???

 もちろん、通常、少しの時間触れるだけなら、pH5.5以下の飲み物が歯に触れても唾液の力で修復されるので、問題ないとされています。

 歯が溶けた状態になるのは、pH5.5以下の飲み物に長い時間、歯が触れることで起こります。長時間になると、中性にする唾液の力が追いつかなくなり、歯が溶けてしまうんです。

だらだらと飲んだり食べたりしないように、生活習慣の改善が必要とされます!!


 

少し表が見にくいですが、pH5.5以下の飲み物はこんなにたくさんあるんです!!

お酒や、炭酸飲料、オレンジジュース、栄養ドリンクなどなど。。。

溶けてしまった歯は元には戻りません。

しかしそのままにしておくと、歯が染みる症状などが出やすくなりますので、もし気になる方は、詰め物で歯を補強することもできます!!

気になる方は、お気軽にご連絡(048-229-8185)ください