埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階 / 北戸田駅から徒歩1分

faqよくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問をQ&A形式でまとめました。
掲載されている他に気になることがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

Q

インプラントを入れても見た目は不自然になりませんか?

これまでは人工歯が異様に長くなってしまったり、インプラント体が歯茎のところから見えてしまってギラついてしまうということが、少なからずありました。 これはあごの骨の高さや幅が足りないのにも関わらず、なんの対策もせずそのまま埋め込んでしまうということが行われていたからです。

しかし、現在は自家骨移植などによってあごの骨を十分に増やすテクニックが使えるようになり、自然の歯と変わらないくらいの仕上がりが実現しています。

ただし、すべてのドクターが増骨のテクニックに熟練しているとは限らないため、患者さまの想像とは似ても似つかぬようなインプラント+人工歯が入ってしまうという悲劇も起こり得ます。このような点からも、ドクターの選択は重要です。

Q

インプラント治療中は食事できますか?見た目は回復しますか?

最終的な人工歯が入るまでは、プラスチック製の仮歯を装着しますので、見た目は心配はありません。

食事も硬いものや仮歯に負担がかかるようなものでなければ通常通りにできます。仮歯はプラスチック製なので破損する恐れがあるため、強い負担のかかるような硬いものを食べるといったことは避けた方がいいです。

Q

まったく歯がないのですが、インプラントできますか?

歯が何本か残っていなくてはいけないということはありません。歯がない方の場合は上あご、下あごに各5~6本のインプラントを埋入し、このインプラントの上に、繋がった人工歯を入れることになります。

総入れ歯とは異なり、しっかりとあごの骨に固定されるので食事や会話で困ることはありません。

まったく歯がないケースの注目すべき最新の治療法にオール・オン4というシステムがあります。 これは4本のインプラントで上部構造を支えるシステムで、手術当日から固定性の仮歯を入れて食事をすることができます。必要最小限の本数で最大の効果を上げるインプラントとして、世界的にも急速に普及してきています。

Q

金属アレルギーがあるのですが、大丈夫ですか?

インプラント材料として使われているのは、チタンという金属が使用されています。咬合力に耐えられる強度があり、生体親和性が高く、骨と結合します。チタンは生体適合性が非常に良いため、アレルギーを起こすことはほぼありません。

そのため多くの場合は問題ありません。ご不安な方は、ご自身が何の金属にアレルギーをお持ちかを調べていただく場合もございます。

Q

他院で歯周病のためインプラントができないと言われました。どうにかなりませんか?

歯周病に罹患している場合は、歯周病の治療をおこなってから、インプラント治療をおこなうことをお勧めします。
しかし、骨が歯周病により大きく欠損している場合などは、骨を増殖させる処置が合わせて必要になります。歯周病に罹患している患者さんにおいて、何もせずにインプラントを行うと、治療後の残存率(寿命)が低いことが報告されています。

Q

治療費が気になります。他院より安い気がしますが、安全面は大丈夫ですか?

通常のインプラント治療には健康保険が適用できませんので、全額患者さん負担の自費診療となりますので、治療費は高額になります。自費診療になるため医院によって価格設定は様々です。

当院では、経験豊富な院長が、国産の安全性の高いインプラント体を用いて手術を行いますのでご安心ください。また、多くの患者様に金額により最良の治療をあきらめてほしくないため、他院と比較して価格設定を抑えております。治療前の検査、インプラントを埋め込む手術、義歯による治療を含めて、治療が全て終了するまでに必要な治療費を、しっかりと提示、確認してから治療を受けていただくようにしておりますので、ご安心下さい。

Q

インプラント手術後は、歯を磨かなくてもいいですか?

インプラントが虫歯になることはもちろんありません。しかし、インプラントの周囲には当然汚れが付きますので、きちんとした手入れが必要になります。毎日の歯ブラシはもちろんですが、歯間ブラシやデンタルフロスなどで歯と歯の間などの汚れもこまめに落とすことを心がけてください。

また、歯ブラシだけではどうしても落とせない汚れが付着しますので、歯科衛生士による口腔内の清掃(PMTC)を定期的に受けることもお勧めします。 こうした日ごろの清掃と定期検診は忘れずに受けてください。

そうしたことによって、自ずと、より健康なお口の状態が保てるようになります。
放置してしまうと、インプラント周囲炎などを起こし、インプラントを外さなくてはいけなくなってしまうこともありますので、注意が必要です。

Q

インプラントの手術が怖いです。どうすればいいですか?

インプラントはしたいけど、手術は恐い、痛そう、と不安になる方もいらっしゃると思います。ですが、手術は局所麻酔で行いますから手術中の痛みの心配はありません。

どうしても恐怖心の強い方は鎮静という麻酔法を用いて手術を受けることができます。この鎮静状態での治療(点滴麻酔)では全身麻酔とは異なりますが、眠っているような状態で手術を受けることができます。また、麻酔科医が鎮静中はきちんと立ち合いますのでご安心ください。目が覚めたときにはすべて終了していますので、痛み等はまったく感じることなく手術を終えることができます。
ご不安な場合は、費用面も含めてご相談ください。

Q

インプラントを埋め込む手術にかかる時間はどれくらいですか?

インプラント手術は、インプラントの本数や治療方法、麻酔の方法により、かかる時間に違いが出ます。1本のインプラントを埋め込む手術時間は十数分で、目安として1~3本のインプラントの埋め込み手術は約1時間で終了します。しかし、途中にきちんとした位置に埋入されたかをCT撮影などを用いて行いながら進めていきますので、トータルで2時間ほどかかります。もちろん入院の必要もありませんし、終わったあと会社に戻って仕事をすることもできます。

埋め込み手術は、簡単な局所麻酔で行なう場合が殆どですが、患者様のご希望によって静脈内鎮静法(点滴麻酔)を併用する場合は、意識が正常に戻るまで少し休憩していただいてからお帰り頂く事になりますので、多少時間が長くなるでしょう。その場合は、当日は無理せずご自宅で安静にすることをお勧めします。

Q

インプラントの治療期間、回数はどれくらいですか?

通院期間は治療の内容で個人差がありますが、通常、約3ヵ月~1年くらいかかります。通院回数も個人差で異なりますが、通常は約6~8回くらいです。 また、インプラント体を埋入する部位によっても異なりますので、精査後、きちんとした治療計画を説明させていただいています。

簡単に説明しますと初診時に、口内検査(虫歯、歯周病、噛み合わせ等) 、レントゲン検査、CT検査等を行います。2回目以降、一度お話しする時間をもうけ、ご納得いただいた後、ほかに問題がなければ、お口の中の型取りを行い、ステントという装置を作成していきます。3回目以降、インプラント体を埋入します。手術後、消毒と抜糸に来ていただきます。その後、インプラントがあごの骨としっかりと結合するために2、3ヵ月おいてから、歯列の型を採っていきます。 その模型を用いて人工歯を製作し、インプラント体に装着して、噛み合わせの調整を行って終了となります。ただ、他に治療が必要な歯がある場合や、自家骨移植など骨を増大させるための治療が必要な場合は、その分だけ治療期間が延長します。

Q

インプラント治療に年齢制限はありますか?

顎の骨に人口歯根(ネジ)を埋入しますので、骨の発育を終えた頃、18歳前後が安全と言えます。高血圧、糖尿病などの持病のある方でもコントロールされていれば可能の場合もあります。かかりつけ医師と歯科医師と良く相談する事が大切です。健康状態がいい、持病で全身疾患がないなどの条件であればご高齢の方でも抜歯をする程度の体への負担しかありませんので、行うことができます。

Q

インプラントの治療後に他の歯が悪くなった場合はどうすればよいのですか?

他の歯が悪くなって抜けてしまった場合、その部分に新たにインプラントを行うことができます。最初は1、2本インプラントを埋入した方が、インプラントが快適だと実感し、悪くなってしまったほかの歯や、歯がないところについてもインプラントにするということは珍しいことではありません。 ほかの歯が歯周病などでぐらついてきた場合には、あごの骨が痩せないうちに早めにインプラントをする場合もあります。

Q

定期的にMRIを撮影することがあります。影響はありますか?

インプラントは磁性体ではないので、MRIの画像に影響はありません。また、骨と完全に結合しているため、検査中にインプラントが引っ張られることもありません。発熱もごくわずかで、体に影響があるレベルではありません。安心して、MRI検査を受けることができます。しかし、きちんと医師に申告する必要はあります。

Q

インプラント以外の治療法はありますか?手術が怖いです。

はい。治療法としてはあります。まず一つは、ブリッジと呼ばれる治療法です。
これは、失われた歯の前後の歯を大きく削り、橋渡しのように全体をかぶせる方法です。治療回数が少なく、ご自身の歯のように噛むことができます。
しかし、前後の歯を大きく削ること、失われた部位の負担がかかることにより、前後の歯の寿命が短くなる恐れがあります。また、失われた本数、部位によってはできない場合もあります。
もう一つは、入れ歯です。歯を大きく削ることなく、失われた部分を補うことができますが、ご自身の歯の15%ほどの力でしか噛めないといわれています。違和感や見た目が悪いなどの欠点があります。

Q

ブリッジと入れ歯とインプラントの違いって何ですか?

ブリッジは歯のない部分の両隣の歯を削り、連結した形の冠をかぶせます。
ブリッジの長所としては、治療期間が短い、固定式で違和感がない、銀色なら保険で治療できる。
短所は、両隣の歯を土台にするため、健康な歯を削る必要があり負担が大きくなる、土台になる帆の状態によってはできない場合がある、などがあります。

入れ歯は、歯のない部分に取り付ける、取り外しのできる装置です。
長所としては、治療期間が短い、歯を大きく削らなくていい、清掃しやすい。
短所は、異物感がある、噛む力は天然歯の15%程度、審美性に欠ける、将来歯茎がやせていく、などがあります。

インプラントは、手術により人工の歯の根っこを骨に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。
長所は、自分の歯と同じように噛める、両隣を削らなくてよい、ほかの歯に負担をかけない、審美性に優れている、固定式で違和感がない、など多数あります。
短所としては、手術の必要性、保険適用外、治療期間が長い、骨の状態によりできない場合がある、などがあります。長く健康的に暮らすためには、物をしっかり噛めることが重要になります。
これ以上、歯を失わないためにも、ここで食い止めるために、最善の選択をしましょう。

Q

まだ若いのですが、入れ歯は嫌なのでインプラントにしたいです。どのくらいもちますか?

どの治療法においてお必ず何年もちますとは言い切れません。というのも、お口の中は人それぞれ違います。歯周病はないか、噛み合わせに問題がないか、歯みがきが毎食後きちんとできているか、歯ぎしりはないか、など様々な因子により、治療の予後は変わってきます。
被せ物の平均寿命は、ブリッジが約8年、インプラントは多くの研究論文から、10年以上は問題なく機能するとされています。
まだまだ正確なデータではないのは、インプラントの歴史はほかの治療法に比べるとまだ浅く、一方日々進化しているからです。
そのため、「10年以上は問題なく機能する」という言い方しかできないのです。
もちろん状況が良ければ40年以上問題なく経過しているインプラントも多数あります。インプラントは、現在のインプラントの状況を考えると、歯周病や噛み合わせに注意し、きちんとメインテナンス(定期検査)を受けていただければ、長期間維持されることと思われます。

その他気になることは、お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

048-229-8185

受付時間:9時30分~19時30分

WEBからのお問い合わせはこちら

Contactお問い合わせフォーム