埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階 / 北戸田駅から徒歩1分

Blogブログ

インプラントの歯が欠ける3つの原因と対処法を歯科医師が解説

インプラントの歯が欠ける3つの原因と対処法を歯科医師が解説

 

● インプラントが欠けることってあるの?
● 欠けたらどうすればいいの?
● 再治療の費用はどうなる?


など、もしインプラントが欠けたらどうなるのか、気になることってありますよね

本記事では、そんな疑問点に日本口腔インプラント学会所属の歯科医師・田口がまとめてお答えしていきます。

インプラントが欠けてしまった方
今後インプラントを入れようと思っている方

は、ぜひ本記事を読んでご不安を取り除いてくださいね!

 

 

【執筆・監修者】田口 耕平
北戸田COCO歯科 院長
【経歴はこちら】

 

 

気になるところから読めます

 

1:インプラントの歯が欠けるとは?構造を紹介

 

インプラントの構造

 

インプラントの歯が欠けるというのは、目視で確認できる歯(上部構造)の部分が欠けることを指します。

中には、割れたりヒビが入ったりするケースもあるでしょう。

「せっかくだし、強い素材を使えばいいのに…」と思われるかもしれませんが、強度があり過ぎる素材にもデメリットがあります。

なぜなら、どんな衝撃を受けても欠けないくらい強い素材を使ってしまうと、噛み合う歯にダメージを与えてしまうからです。

そういった意味で、インプラントの上部構造には、適度な強度がある

 

ジルコニア
セラミック
メタルボンド
ゴールドクラウン(金歯)


などが選ばれるケースが多くなっています。

それぞれ、材質や強度もそれぞれ全く異なるので、詳しくは担当医と相談して選ぶようにしましょう。

※インプラントの上部構造の種類については、今後別の記事で詳しく紹介します。

では次に、インプラントが欠けてしまう原因を紹介していきます。

 

2:インプラントが欠ける3つの原因

 

インプラント治療 原因


インプラントの歯が欠ける原因は、

 

強い衝撃を受けた
硬すぎるものを噛んだ
噛み合わせの変化


の3つです。

それぞれどういうことか、詳しく解説していきますね。

 

2-1:強い衝撃を受けた

1つ目のインプラントが欠ける原因は、「強い衝撃を受けた」場合です。

 

天然歯(自分の歯)がそうであるように、インプラントの被せものも、

 

● 転倒してぶつけた
● 事故にあった


など強い衝撃が歯に加わると、欠けたり割れたりすることがあります。

また、過度な歯ぎしりや食いしばりにより、就寝中に強い力が歯に加わっても、インプラントの被せものが損傷するケースがあるのです。

ただし、上部構造の素材にもよりますが、通常の生活であればインプラントが欠けるということはほとんどありません。

 

2-2:硬すぎるものを噛んだ

2つ目のインプラントが欠ける原因は、「硬すぎるものを噛んだ」場合になります。

 

● 堅焼きせんべいを食べたり
● 歯で缶のフタをこじ開けたり


など、天然歯(自分の歯)も欠けてしまうような硬いものをインプラントで噛んでしまうと、歯が欠けてしまうことがあるのです。

もちろんインプラントは、通常の食事であれば、特に問題は起きません。

極端に柔らかいものを選んで食べる必要もありませんので、ご安心ください!

 

2-3:噛み合わせの変化

3つ目の原因は、「噛み合わせの変化」によるものです。

というのも、歯というのは少しずつ自然に動いています。

定期検診に通わずにいると、知らない間に噛み合わせがズレてしまうことがあるのです。

噛み合わせがズレた状態のままだと、インプラントだけに強い負荷がかかり、上部構造が欠けたり割れたりしてしまいます。

では次に、インプラントの歯が欠けた際の対処法や費用を紹介していきます。

 

3:インプラントが欠けたときの対処法や費用

 

インプラント治療 注意点 対処法

 

インプラントの歯が欠けてしまったときは、「すぐにかかりつけ医(インプラントを入れた歯医者)を受診する」のがオススメです。

理由は、

保証期限内は無償で再治療してもらえる
あなたの歯の状態に合わせた処置をしてもらえる


の2つが関係しています。

インプラントは歯科治療の中でも、専門性が問われる診療科目です。

ご自宅の近くの歯医者では対応できないケースも多くなります。

さらに、入れたインプラントの情報がないと、正しく処置ができないケースも多いので、基本は「インプラントを入れた歯医者・担当医」に診てもらうのが1番です。

費用面でも、ほとんどの場合は5年~10年程度の保証がついているケースが多いので、インプラントを入れた歯医者を受診したほうがお得でしょう。

ただし、定期的なメンテナンスに通うなどの条件をクリアしていないと、保証が適用されない場合も多いので注意をしてください。

 

3-1:インプラントの歯が欠けたのを放置するとどうなる?

 

● 保証が切れてるから
● 欠けただけで噛めるから
● ずっと定期検診に行っていなかったから


といった理由で、インプラントの歯が欠けたのを放置するのはオススメできません。

なぜなら、欠けた部分に細菌が入り込んでしまうと、歯ブラシが届きにくくなり「インプラント周囲炎」と呼ばれる歯周病のような病気を発症してしまうことがあるからです。

さらに、欠けた部分に負荷がかかり続けると、上部構造そのものが外れてしまうケースもあります。

「インプラントが欠けただけ…」と放置していると、再治療がどんどん難しくなるので注意をしましょう。

 

4:インプラントの歯が欠ける原因&対処法の結論

 

それでは最後に、重要なポイントだけを簡単におさらいしてきます。

 

まとめ

インプラントが欠ける原因は、
強い衝撃を受けた
硬すぎるものを噛んだ
噛み合わせの変化

の3つが関係していました。

欠けてしまった場合は、すぐにインプラントを入れた歯医者を受診するのがオススメです。

また、

処置内容
費用面


を考えて、インプラントを入れてもらった歯医者で、再治療は受けたほうが良いでしょう。

これ以上状態を悪化させないためにも、「欠けただけ…」と軽く考えずに、早期に歯医者を受診しましょう。


以上、インプラントが欠ける原因と対処法についてお話しました。

インプラントを入れた後に欠けるのが心配な方は、被せもの(上部構造)の素材について担当医とよく相談してみるのがオススメですよ

 

 

さいたま市・戸田市で治療をお考えなら
北戸田COCO歯科へ
     

 
 

│BLOG一覧│

 

 

執筆協力:森崎ことり(ライター)