• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

インビザライン矯正後に使用する「リテーナー」について

2021年10月24日

こんにちは北戸田coco歯科です

インビザライン矯正は透明なマウスピースを使用して治療する歯科矯正で、凸凹な歯並びを綺麗に整えることができます。

しかし、インビザライン矯正で無事に理想的な歯並びになっても、油断してはいけません。なぜなら矯正治療直後の歯は後戻りを起こしやすいからです。

せっかく整えた歯並びが後戻りを起こさないようにするために、今回はインビザラインの保定期間やリテーナーについてお話いたします。

 

 

インビザライン矯正後に使う「リテーナー」とは?

 

インビザライン リテーナー

 

インビザライン矯正の治療が終わり、歯並びが整ったからといって何もせずに放置してしまうと歯が後戻りを起こします。

後戻りを防止するために矯正治療直後から使用するリテーナーとはどんなものなのでしょうか。

ここでは、リテーナーについて詳しく説明いたします。

 

リテーナーとは?

 

インビザライン リテーナー

 

リテーナーとは、別名「保定装置」と呼ばれています。名前のとおり矯正終了後の保定期間に使用する装置です。

歯列矯正治療では、実際に歯を動かしていく動的治療(矯正治療)と並べた歯を固定していく静的治療(保定)の2つで進めていきます。

インビザライン矯正で動かした歯は歯を支えている歯槽骨から動かしているために、移動直後はまだ骨が安定していません。

そのため、何も着けずに放置してしまうと歯が元の場所に戻ろうとする力で後戻りを起こしてしまいます

移動させた歯が安定するまで保定期間中はしっかりとリテーナーをつけて歯をその位置に固定し、歯科医師の指示どおりに少しず装着する時間を減らしていきます。

基本的にリテーナーは長ければ長いほど、しっかりと固定されます。

最低でも歯を動かす矯正治療にかかった期間と同じか、それ以上に長い時間保定期間を設けるようにしましょう

 

 

リテーナー(保定装置)の種類

 

これまでのお話でインビザライン矯正終了後にリテーナーを使用することの大切さをおわかりいただけたのではないでしょうか?

リテーナー(保定装置)は1種類ではなく、様々な種類がありそれぞれ特徴があります。

患者様のライフスタイルや症例によって選択できるものは変わってきますが、どんな種類があるのか代表的なものをいくつかご紹介いたしますね。

どのリテーナーがご自身に合っているかは、担当されている矯正医と相談して決めてください

 

取り外し可能なリテーナー(可轍式)

 

取り外し可能なリテーナーは、「可轍式(かてつしき)」と呼ばれています。

インビザラインのマウスピースと同じようにご自身で取り外しが可能なため、歯みがきや食事も問題なくできますし、ブラッシングが簡単です。

以下で、取り外しが可能なリテーナーの種類をご紹介していきます。

・ワイヤープレートタイプリテーナー
・マウスピースタイプリテーナー

 

・ワイヤープレートタイプリテーナー

 

インビザライン リテーナー

 

最も一般的に使われているリテーナーで、歯科医院によって異なりますが約20,000円ほどで作れる医院が多いようです。

歯の表側をワイヤーで押さえて歯列が外側に飛び出さないようになっており、裏側は透明なプラスチック素材で歯列が内側に入らないように支えています。

メリットは噛み合わせる部分を覆わないため、歯ぎしりや噛みしめる癖がある患者さまも壊れにくく修理がしやすいというところです。

歯の表側にワイヤーがあるため、装着した際に目立ってしまうというデメリットがあります。

 

 

・マウスピースタイプリテーナー

 

インビザライン リテーナー

 

見た目はインビザライン矯正で使用するマウスピースと同じような透明なマウスピース型のリテーナーです

価格は歯科医院によって異なりますが、約5,000円ほどかかります。

歯を全体的に覆って動かないようにするため、前歯にデコボコがあった場合に特に有効です。

ワイヤーを使っていないため、目立ちにくく価格も安いというメリットがあります。

デメリットはかみ合わせの部分も覆うことから歯ぎしりや噛みしめる癖がある患者さまが使用すると、すぐに穴が空いてしまう可能性があるという点です。

 

 

固定するタイプのリテーナー

 

固定式のリテーナーは、直接歯に固定してしまうため患者さまご自身で取り外すことができません

そのため、慣れるまでは歯みがきや食事がしにくいですが、装着時間の過不足について気にする必要がないため楽です。

以下で最もよく使われている固定式のリテーナーをご紹介していきます。

 

・フィックスタイプリテーナー

 

インビザライン リテーナー

 

フィックスタイプリテーナーは、歯の内側に直接ワイヤーを取り付けるタイプのリテーナーです。

主に下の前歯6本(犬歯から犬歯)の部分に使用します。

価格は歯科医院によって異なりますが、約15,000円ほどかかります。

メリットは装置が内側にあるため目立ちにくいという点です

フィックスタイプのリテーナーは、細いワイヤーを内側に固定するだけなので、煩わしくなく長い間つけたままという方も多いです。

ただし、デメリットとして患者さまご自身で取り外すことができないことからブラッシングがしにくいですので、定期的に歯科医院でプロのクリーニングを受けてください。

また、フィックスタイプのリテーナーは、歯との接着が外れてしまったときに気づかないことがあります。

外れたままですと後戻りを起こす原因になりますので、違和感があるときには早めに歯科医院へご相談くださいね。

 

 

インビザラインのマウスピースをリテーナーとして使うことは可能?

 

インビザライン 違和感

 

他の歯科矯正と違い、インビザライン矯正は矯正治療もマウスピースを使用しておこないます。

ですので、治療中に使用していたマウスピースをそのままリテーナーとして使用できるのではないかとお考えの患者さまもいらっしゃるようです。

結論からい言います、基本的には新しいマウスピースを作り直します

理由としては、インビザライン矯正で使用したマウスピースと、保定期間に使用するリテーナーは用途が異なるため、強度の違うものでないといけないからです。

インビザラインのマウスピースはしなやかで比較的柔らかいものですが、リテーナーで使用するマウスピースはしっかりと歯を固定するために強度のある硬い素材で作ります。

そのため、基本的にはそのままインビザライン矯正のマウスピースを使用せずに新しくリテーナーをお作りすることになるのです

そのため、矯正治療が終わってもそのままインビザラインを使わずにしっかりと、リテーナーを作成してもらってくださいね。

 

 

インビザライン後のリテーナー装着時間

 

インビザライン リテーナー

 

インビザライン矯正でほとんどの時間マウスピースをはめて過ごしてきた患者さまにとって、リテーナーを装着することは容易かと思います。

しかし、矯正治療と違いお口の中の変化が感じられない保定期間は何かとめんどくさくなりがちになってしまいます。

では、リテーナーはどれくらいの時間装着していればいいのでしょうか。

後戻りをおこさないようにするためにも、しっかりと装着時間を守って使用してください。

 

リテーナーの装着時間について

 

患者さまご自身で取り外しができないタイプのリテーナーですと、装着時間の過不足についてのご心配は必要ありません。

しかし、取り外し式のリテーナーの場合は患者さまご自身で管理していただく必要があります。

リテーナーの装着時間には段階があり、矯正治療が終わったばかりの頃はインビザライン矯正のマウスピースと同様に1日20時間以上と長時間装着することが理想です

歯を動かした後は、一番後戻りを起こしやすい時期だからです。

その後、様子を見ながら装着時間を減らしていき寝る時だけリテーナーを装着するような流れになっていくでしょう。

ただし、リテーナーは装着時間が長ければ長いほど綺麗な歯並びを維持することができます

ご自身でうまく時間を見つけてなるべくリテーナーを装着するようにしましょう

 

 

保定期間(リテーナー装着時)の注意事項

 

インビザライン

 

歯を動かす矯正の期間が終わると、すべての治療が終わったように感じる患者さまもいらっしゃるかと思います。

しかしながら、歯を動かす矯正と動かした歯を保定する期間はどちらも大切なものです。

後戻りを起こさずに、保定期間を過ごすための注意点についてお話させていただきます。

 

半年間はもっとも後戻りを起こしやすい期間

 

 

インビザライン矯正を終えた直後から半年間はもっとも後戻りを起こしやすい期間となります。

この半年間はできるだけ、リテーナーを歯みがきと食事以外の時間はつけたまま過ごしてください

リテーナーをつける時間は1日20時間以上が目安ではありますが、この期間はそれよりもできるだけ長時間つけるようにすると後戻りしにくいです。

逆にリテーナーを装着しない時間が長いと、歯が徐々に後戻りを起こしリテーナーすらはまらなくなってしまうこともありますので、気をつけてください。

 

保定期間も定期的に通院しましょう

 

北戸田coco歯科

 

保定期間に入り、リテーナーを歯科医師の指示どおりに使っているからと定期検診を後回しにすることは控えてください。

患者さまご自身でも気づかないような、ほんのわずかな後戻りを起こしている可能性もあります。

また、固定式のリテーナーをしている方は固定した器具の周りに汚れが溜まりやすく、歯石もつきやすいです。

しかしご自身では掃除しにくい場所でもありますので、定期的に歯科医院へいきクリーニングをしてもらいましょう

 

保定期間は最短2年ほどかかります

 

インプラントと差し歯の治療期間や流れを比較

 

保定期間は最短でも2年ほどかかります。これは患者さまの状態やケースによって様々です

歯並びが整ったからといって勝手にリテーナーを外してしまうことは、後戻りを起こす原因になりますのでご注意ください。

強制終了後でもずっとリテーナーを使っているという方も多いほどですので、リテーナーは使う期間が長いほど綺麗な歯並びをキープすることができます

歯が動き終わった後でも気を抜かずに、美しい歯並びのために頑張りましょう!

 

定期的なリテーナーの見直しを

 

インビザライン マウスピース 臭い

 

リテーナーは、歯ぎしりや食いしばりなどの強い力が加わると変形や破損の可能性があります。定期的にリテーナーを見直して、壊れていないか不具合はないか確認しましょう。

定期検診の際に歯科医師にリテーナーを見せることも忘れないようにしてください。

壊れたリテーナーを使っていると、思うように歯が固定できず歯が後戻りを起こしてしまう原因になります。

 

リテーナーは清潔に

 

インビザライン リテーナー

 

リテーナーは毎日使用するものです。

特にマウスピースタイプやワイヤープレートタイプのリテーナーは、汚れが溜まりやすく定期的に清掃しないと匂いや変色の元になってしまいます。

ドラッグストアに、市販のリテーナー洗浄剤が売っていますので、それを使用し清潔に保っておきましょう。

当院では、「リテーナーブライト」というマウスピースの洗浄剤を取り扱っております。



タブレットタイプで使いやすく、水に溶かして15分マウスピースをつけておくだけで、除菌や汚れを落とします

気になる方は受付で、購入できますのでお気軽にお声がけくださいね

 

 

当院のインビザライン矯正

 

インビザライン 歯科医院

 

当院では、豊富な知識と経験のある日本矯正歯科学会認定医が在籍しています


さらに総合歯科医院のため、当院で矯正治療からむし歯の治療や親知らずの抜歯などの一般歯科治療も全て対応可能ですので、矯正だけでなく、お口の悩みがあればお気軽にご相談してください

 

北戸田coco歯科では、豊富な矯正メニューの中から一人一人にあった治療法をご提案させていただきます

リテーナーに関しても、患者様一人一人にあった装置をご提案させていただきますので、安心してご来院ください。

 

■■北戸田coco歯科矯正治療専門サイト■■

 

まとめ

 

インビザライン矯正でキレイな歯並びを手に入れても、保定期間をしっかり取らずにいると後戻りしてしまいます。

リテーナーは最短でも2年ほど使うため、保定期間は患者さまが思っている以上に長く感じるかもしれません。

しかしながら、理想的な歯並びを定着させるためにもリテーナーを歯科医師の指示どおりにしっかり使用してくださいね。

 

こちらの記事もおすすめ:インビザライン治療で歯についている突起物は何?詳しく解説します!

参考:日本矯正歯科学会