• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

インビザライン矯正後に使用する「リテーナー」について

2021年10月24日

こんにちは北戸田coco歯科です

インビザライン矯正は透明なマウスピースを使用して治療する歯科矯正です。

インビザライン矯正で無事に理想的な歯並びになっても、油断してはいけません。なぜなら矯正治療直後の歯は後戻りを起こしやすいからです。

せっかく整えた歯並びが後戻りを起こさないようにするために、今回は保定期間やリテーナーについてお話いたします。

 

 

インビザライン矯正の最後に使う「リテーナー」とは?

 

インビザライン リテーナー

 

インビザライン矯正の治療が終わり、歯並びが整ったからといって何もせずに放置してしまうと歯が後戻りを起こします。

後戻りを防止するために矯正治療直後から使用するリテーナーとはどんなものなのでしょうか。

ここでは、リテーナーについて詳しく説明いたします。

 

リテーナーとは?

 

リテーナーとは、別名「保定装置」と呼ばれています。名前のとおり矯正終了後の保定期間に使用する装置です。

インビザライン矯正で動かした歯は、移動した直後はまだ安定していません。

そのため、何も着けずに放置してしまうと歯が元の場所に戻ろうとする力で後戻りを起こしてしまいます

移動させた歯が安定するまで、保定期間中はしっかりとリテーナーをつけて、歯科医師の指示どおりに少しずつつける時間を減らしていくのです。

 

 

リテーナーの種類

 

インビザライン矯正終了後にリテーナーを使用することの大切さをおわかりいただけたのではないかと思います。

リテーナーは1種類ではなく、様々な種類がありそれぞれ特徴があるのです。

患者さまのライフスタイルや症例によって選択できるものは変わってきますが、どんな種類があるのか代表的なものをいくつかご紹介いたしますね。

 

取り外し可能なリテーナー

 

取り外し可能なリテーナーは、歯みがきや食事の際には取り外すことができるためブラッシングが簡単ですしこれまでと同じように食事を楽しむことができます。

 

・ワイヤープレートタイプリテーナー

 

インビザライン リテーナー

 

最も一般的に使われているリテーナーで、歯科医院によって異なりますが約20,000円ほどで作れる医院が多いようです。

歯の表側をワイヤーで押さえて歯列が外側に飛び出さないようになっており、裏側は透明なプラスチック素材で歯列が内側に入らないように支えています。

メリットは噛み合わせる部分を覆わないため、歯ぎしりや噛みしめる癖がある患者さまも壊れにくく修理がしやすいというところです。

歯の表側にワイヤーがあるため、目立ってしまうというデメリットがあります。

 

 

・マウスピースタイプリテーナー

 

インビザライン リテーナー

 

見た目はインビザライン矯正で使用するマウスピースと同じような透明なリテーナーです

価格は歯科医院によって異なりますが、約5,000円ほどかかります。

歯を全体的に覆って動かないようにするため、前歯にデコボコがあった場合に特に有効です。

ワイヤーを使っていないため、目立ちにくく価格も安いというメリットがあります。

デメリットはかみ合わせの部分も覆うことから歯ぎしりや噛みしめる癖がある患者さまが使用すると、すぐに穴が空いてしまう可能性があるという点です。

 

 

固定するタイプのリテーナー

 

固定式のリテーナーは患者さまご自身で取り外すことができません。

そのため、慣れるまでは歯みがきや食事がしにくいですが、装着時間の過不足について気にする必要がないです。

 

・フィックスタイプリテーナー

 

インビザライン リテーナー

 

歯の内側に直接ワイヤーを取り付けるタイプのリテーナーです。主に下の前歯6本(犬歯から犬歯)の部分に使用します。

価格は歯科医院によって異なりますが、約15,000円ほどかかります。

メリットは装置が内側にあるため目立ちにくいという点です

デメリットは患者さまご自身で取り外すことができないことからブラッシングがしにくいことですので、定期的に歯科医院でプロのクリーニングを受けてください。

フィックスタイプのリテーナーは、歯との接着が外れてしまったときに気づかないことがあります。

外れたままですと後戻りを起こす原因になりますので、違和感があるときには早めに歯科医院へご相談くださいね。

 

 

インビザラインのマウスピースをリテーナーとして使うことは可能?

 

インビザライン 違和感

 

他の歯科矯正と違い、インビザライン矯正は矯正治療もマウスピースを使用しておこないます。

ですので、治療中に使用していたマウスピースをそのままリテーナーとして使用できるのではないかとお考えの患者さまもいらっしゃるようです。

では、マウスピースをそのままリテーナーとして使用することができるのかお話させていただきます。

 

基本的に新しいマウスピースを作り直す(もっと硬い素材のもの)

 

インビザライン矯正で使用したマウスピースと、保定期間に使用するリテーナーは用途が異なります。

そのため、基本的にはそのままインビザライン矯正のマウスピースを使用せずに新しくリテーナーをお作りすることになるのです

リテーナーはインビザライン矯正でキレイにした歯並びが後戻りをおこさないように、もっと硬い素材のものを使用して製作します。

 

 

リテーナーの装着時間

 

インビザライン リテーナー

 

インビザライン矯正でほとんどの時間マウスピースをはめて過ごしてきた患者さまにとって、リテーナーを装着することは容易かと思います。

リテーナーはどれくらいの時間装着していればいいのでしょうか。後戻りをおこさないようにするためにも、しっかりと装着時間を守って使用してください。

 

□リテーナーの装着時間について

 

患者さまご自身で取り外しができないタイプのリテーナーですと、装着時間の過不足についてのご心配は必要ありません。

患者さまご自身で取り外しが可能なタイプのリテーナーは、インビザライン矯正のマウスピースと同様に1日20時間以上と長時間装着することが理想です

食事と歯磨きの時間以外は装着しているイメージとなります。

 

 

保定期間の注意事項

 

インビザライン 失敗

 

歯を動かす矯正の期間が終わると、すべての治療が終わったように感じる患者さまもいらっしゃるかと思います。

しかしながら、歯を動かす矯正と動かした歯を保定する期間はどちらも大切なものです。

後戻りを起こさずに、保定期間を過ごすための注意点についてお話させていただきます。

 

半年間はもっとも後戻りを起こしやすい期間

 

インビザライン矯正を終えた直後から半年間はもっとも後戻りを起こしやすい期間となります。

この半年間はリテーナーを歯みがきと食事以外の時間はつけたまま過ごしてください

リテーナーをつける時間は1日20時間以上が目安ではありますが、この期間はそれよりもできるだけ長時間つけるようにすると後戻りしにくいです。

 

保定期間も定期的に通院しましょう

 

保定期間に入り、リテーナーを歯科医師の指示どおりに使っているからと定期検診を後回しにすることは控えてください。

患者さまご自身でも気づかないような、ほんのわずかな後戻りを起こしている可能性もあります。

 

保定期間は最短2年ほどかかります

 

保定期間は最短でも2年ほどかかります。これは患者さまの状態やケースによって様々です

歯並びが整ったからといって勝手にリテーナーを外してしまうことは、後戻りを起こす原因になりますのでご注意ください。

強制終了後でもずっとリテーナーを使っているという方も多いほどですので、リテーナーは使う期間が長いほど綺麗な歯並びをキープすることができます

 

 

当院のインビザライン矯正

 

インビザライン 歯科医院

 

当院では、経験豊富な医師による質の高いインビザライン矯正治療を受けていただけます。

目立たないマウスピース矯正のインビザラインはもちろん、ワイヤー矯正小児矯正にも力を入れておりますので、矯正治療を始めようと考えている方はお気軽にご相談ください

ワイヤー矯正では前歯の部分に白い器具を使った目立たない矯正を採用しているため、インビザラインだけでは矯正治療が難しい方でも満足して治療を進めていただけます

また難しい症例の方でも、インビザラインとワイヤー矯正の併用など、患者様のお口にあった矯正方法をご提供させていただきますのご安心ください。



矯正治療でも一番ネックに感じてしまう費用に関しては、治療費の負担を少なくするためにインビザラインの費用を最大70万円(別途調整量なし)に設定しています

 

他院よりも少しでもリーズナブルに、そしてクオリティの高いインビザラインの治療を受けてもらいたいと良心的な値段ながらも丁寧な治療を心がけております。

 

矯正治療を考えている方はお気軽にご相談下さい

 

<当院の矯正治療の費用(参考)>

 

 相談料

 無料

 

 再診料
 (2回目以降の来院時)

 早期治療:3,000円
 本格治療:5,000円

 

 検査・診断料

 30,000円

 

 早期治療
 (小児)

 300,000円

 

 本格治療
 (永久歯)

 650,000円

 

 マウスピース型矯正装置
 (インビザライン)

 300,000~700,000円

 

早期治療から本格治療へ移行

 350,000円

 

 

ワイヤー矯正の併用が必要な方は費用が変更することがありますのでご了承ください。

お支払いについては自費診療の場合、クレジットカードも使用できますので、お気軽にご相談下さい

矯正中の不安や気になることなどいつでも相談に乗っていますので、お気軽にお声がけくださいね!

 

まとめ

 

インビザライン矯正でキレイな歯並びを手に入れても、保定期間をしっかり取らずにいると後戻りしてしまいます。

リテーナーは最短でも2年ほど使うため、保定期間は患者さまが思っている以上に長く感じるかもしれません。

しかしながら、理想的な歯並びを定着させるためにもリテーナーを歯科医師の指示どおりにしっかり使用してくださいね。

 

こちらの記事もおすすめ:インビザライン治療で歯についている突起物は何?詳しく解説します!