• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

インビザライン矯正は何歳からできる?適応年齢について解説します

2021年9月7日

こんにちは北戸田coco歯科です

インビザライン矯正には部位や年齢によってさまざまな治療システムがあり、日々の技術の進歩により改良を重ねられ、近年では子供でも始められるシステムの提供が行われています。

今回はインビザライン矯正は何歳からできるのか紹介していきます

 

 

インビザライン矯正は何歳からできる?

 

インビザライン 何歳から

 

従来のインビザラインでは永久歯が生え揃った時期から始められるものでした。

しかし、インビザラインは日々技術が進歩しており、さまざまな症例に対応したシステムが提供され続けています。

例えば部分矯正や全額矯正に対応したものや、年齢に応じたものまでさまざまなシステムが提供されています。

その中でも「インビザライン・ファースト」と呼ばれているシステムの提供が開始されてからは、乳歯と永久歯の両方がある時期から矯正を行えることが可能になりました

このことからインビザライン矯正を始められる年齢は永久歯が生え変るまでの6~12歳くらいといえます。

ただこの場合「インビザライン・ファースト」を取り扱っている歯科医院に限られています

 

 

子供でもインビザラインは可能?

 

 

上述したとおり、乳歯と永久歯が混在している6~12歳の子供でもインビザライン矯正を受けられます

ただしインビザラインファーストを取り扱っている歯科医院のみとなり、全ての子供に対してインビザライン矯正を行えるものではありません。

子供のインビザライン矯正はまだ歴史が浅く、本人の協力が必要不可欠となります。

そのため不確定要素が多い子供の矯正は以前のワイヤー矯正や床矯正を行う方が確実であるといえるでしょう

 

□子供の矯正治療

 

インビザライン 何歳から

 

ここで少し子供の矯正について触れていきます。

矯正治療は大人になってからも行うことができますが、子供の頃から行った方が顎の成長に合わせて骨格の改善ができます

これはインビザラインよりも簡単な装置で行うことが可能です。

 

 

□矯正治療の開始時期

 

子供の矯正治療には2つの開始時期があります

 

 

・永久歯が生え始め、揃うまでの6~12歳頃で行う「Ⅰ期治療」
・永久歯が生え揃った12~14歳以降で行う「Ⅱ期治療」

 

 

Ⅰ期治療では顎の成長にアプローチしながらすでに生えている永久歯や、これから生えてくる永久歯に対して正しい歯並びへ誘導する治療を行います。

Ⅱ期治療では永久歯に対してワイヤー矯正やマウスピース矯正で歯並びとかみ合わせを整えます。

 

 

□子供の頃から矯正を始めるメリット

 

Ⅰ期治療では顎の成長に合わせて骨格の改善を行えることが最大のメリットです

例えば、受け口や出っ歯などは上下の顎のバランスが悪くて起こります。これらの矯正治療はⅡ期治療から始めると歯を抜いたり、手術を必要とする可能性もあります。

しかしⅠ期治療から矯正を行うと、Ⅱ期治療に移行しても抜歯をしなくて済む可能性と、期間や費用面でも軽減できることがあります。

 

□子供の頃から矯正を始めるデメリット

 

メリットが大きい子供の矯正ですが、デメリットもあります。

それは症例によって矯正治療期間が長くなる可能性があることと、少なからず子供に負担がかかることです

Ⅰ期治療を終了しても顎の成長が終わる18歳頃まで経過観察が必要になります。

また症例によってⅡ期治療を必要とする場合もあり、治療期間が長くなることもあります。

Ⅰ期治療では簡単な装置を使用することが多いですが、決められた時間装着しなければならないためストレスになる子供もいるでしょう

それが原因で装置をつけられなかったり、外している時間が長いと思うような効果が得られない可能性があります。

 

 

インビザラインが効果的な年齢は?

 

インビザライン 何歳から

 

それではインビザラインが効果的な年齢について解説します。

インビザラインではお口の状態が良ければどの年齢層でも効果的に治療を行うことができます。つまり年齢によって効果は変わらないといえるでしょう

ただ年齢が上がるにつれて歯周病になる方が多いため、成人を迎えてからインビザライン矯正を始める方は、歯周病検査や歯周病治療が必要になることがあります。

 

□良いお口の状態とは

 

インビザライン 歯石

 

矯正治療では歯を支えてる骨がしっかりしていることが条件となります

これは「歯槽骨(しそうこつ)」と呼ばれており、その骨と歯の根っこの間に「歯根膜(しこんまく)」と呼ばれているクッション性のある膜があります。

矯正治療では歯根膜の組織の性質を利用し、歯槽骨の吸収と再生を繰り返して歯の移動を行うため、重度の歯周病がある方は受けられない可能性があります

軽~中等度の歯周病がある方では歯周病治療を受けてからインビザライン矯正を行うことができます。

ただ矯正期間中はマウスピースが常に装着された状態になるため、歯周病になりやすい環境です。

矯正期間中は歯周病が再発しないように、セルフケアと定期的なメンテナンスが非常に大切になります。

 

何歳までインビザライン矯正をすることができる?

 

60代のインプラント治療のメリット

 

インビザライン矯正には年齢制限はありません。上述したとおり、年齢よりもお口の中の状態が健康であれば年齢に関係なく治療を受けられます。

インビザラインを始める年齢は歯科医院によっても異なりますが、20代よりも30~50歳代の方が多いです。中には60代で始める方もいます。

 

大人がインビザライン矯正を受けるメリット

 

インビザライン メリット デメリット

 

インビザラインでは年齢に関係無く治療を受けることができます。また20代や子供の矯正とは異なり、矯正治療には大人ならではのメリットがあります。

 

 

・むし歯や歯周病のリスクが軽減できる
・治療計画を立てやすい
・コンプレックスの解消ができる

 

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

□むし歯や歯周病のリスクが軽減できる

 

歯並びが整うと歯ブラシが届きやすくなり、むし歯や歯周病のリスクを軽減することができます

かみ合わせの改善すると一部の歯に負担がかかってしまうことが無くなるため、歯の寿命が伸びることが挙げられます。

 

□治療計画を立てやすい

 

治療計画では子供の頃とは異なり、自分の意思で治療のゴールを決めたり、治療内容の選択をしたりすることができます

また20代の頃と比較すると金銭的にも余裕が出ることが多く、より良い治療の選択をできることもメリットです。

 

□コンプレックスが解消できる

 

歯並びにコンプレックスを持つ方は歯並びが改善されると、見た目の印象が変わり、コンプレックスは解消されます。また周囲にも好印象を与えることができます

 

大人がインビザライン矯正を受けるデメリット

 

インビザライン メリット デメリット

 

どの治療にもメリットとデメリットはあります。大人の矯正では子供の矯正と異なり、歯周病には十分注意しなければなりません。

 

 

・矯正中はむし歯や歯周病のリスクが高くなる
・矯正中の食事は不便になる
・歯ぐきが下がることがある

 

 

こちらもそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

□矯正中はむし歯や歯周病のリスクが高くなる

 

インビザライン矯正ではマウスピースを装着して行う矯正方法です。

そのため洗浄作用や殺菌作用がある唾液が行き渡らない状態になり、むし歯や歯周病になりやすい環境です。

矯正中は丁寧なセルフケアと定期的なメンテナンスを怠らないようにしましょう

 

□矯正中の食事は不便になる

 

食事の際はマウスピースを外す必要があります。そのため会食など外で食事をする機会が多い方には、都度着脱をしなければならないため不便を感じることもあります

 

□歯ぐきが下がることがある

 

大人の矯正治療では歯ぐきが下がる「歯肉退縮(しにくたいしゅく)」が起こることがあります。この原因には加齢によるものや矯正時に力を加えたことにより生じることが多いです。

 

関連記事:インビザライン矯正と「歯肉退縮」について!予防や対処法は?

 

当院のインビザライン矯正について

 

インビザライン 歯科医院

 

当院では、目立たないマウスピース矯正のインビザラインはもちろん、ワイヤー矯正や小児矯正も取り扱っております

ワイヤー矯正では前歯の部分に白い器具を使った目立たない矯正を採用しているため、インビザラインだけでは矯正治療が難しい方でも満足して治療を進めていただけるので安心して下さい

またインビザラインとワイヤー矯正の併用など、その人のお口にあった矯正方法をご提供させていただきます

安心して治療を受けていただけます

また、治療費の負担を少なくするためにインビザラインの費用を最大70万円(別途調整量なし)に設定しているところが大きな強みです

 

他院よりも少しでもリーズナブルに、そしてクオリティの高いインビザラインの治療を受けてもらいたいと丁寧な治療を心がけております。

 

矯正治療を考えている方はお気軽にご相談下さい

 

<当院の矯正治療の費用(参考)>

相談料:無料
再診料(2回目以降の来院時)
早期治療の場合:3,000円
本格治療の場合:5,000円
検査・診断料:30,000円
早期治療(小児):300,000円
本格治療(大人の歯が生え揃っている場合):650,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン):300,000円~700,000円
早期治療から本格治療へ移行の場合:350,000円

 

ワイヤー矯正の併用が必要な方は費用が変更することがあります。お支払いについては、自費診療の場合クレジットカードも使用できますので、お気軽にご相談下さい

 

まとめ

 

インビザライン矯正は始められる年齢は決められていますが、上限はありません。

お口の中の状態が健康であれば40歳代、50歳代でも始めることができます。「矯正治療を受けるには遅すぎた」なんてことはありません。40歳代から始めても残りの人生はまだ半分以上もあります。

インビザライン矯正では歯並びの改善とかみ合わせの改善を目的としています。

それにより歯磨きが届きやすくなりむし歯や歯周病のリスクを軽減したり、かみ合わせが整うことで一部の歯に負担がかからずに歯の寿命を延ばしたりするメリットがあります。

インビザライン矯正でお悩みがある方は一度歯科医院で相談すると良いでしょう。

 

参考:日本小児歯科学会