• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

喫煙とインビザライン矯正の関係について【矯正中のタバコ】

2021年6月26日

こんにちは北戸田coco歯科です

インビザライン矯正は目立ちにくい透明なマウスピースを使った歯科矯正です。

インビザライン矯正をはじめると1日のうちほとんどの時間マウスピースをつけたまま過ごすことになるので、喫煙なさる患者さまはタバコを吸っていてもマウスピースへの影響がないのか気になるところかと思います。

今回はインビザライン矯正と喫煙についてのお話をさせていますね。

 

インビザライン矯正と喫煙

 

インビザライン 喫煙

 

 

○喫煙者だけどインビザライン矯正はできる?

 

健康のためにも禁煙なさるのが一番ではありますが、喫煙していても歯を動かすことはできます。

ですので、喫煙なさる患者さまもインビザライン矯正は可能です。しかしながら、タバコを吸わない方と比べると歯の動きが遅くなったりと影響が全く無いわけではありません。

 


○インビザラインのマウスピースをつけたまま喫煙しても大丈夫なの?

 

タバコのヤニやタールの影響でマウスピースの劣化や変色する可能性があります。

喫煙するたびにマウスピースを取り外しすることになりますので、可能な限りタバコの本数を減らすことがオススメです。マウスピースをはめたままの喫煙は避けてください。

 

 

矯正中に喫煙するリスクとは?

インビザライン 喫煙

 

本来ならば禁煙していただくことが最も望ましいのですが、どうしても難しい患者さまもいらっしゃるかと思います。それでは、矯正中に喫煙すると起こりやすいリスクとはどんなものがあるのでしょうか。

 

○矯正器具に色がつきやすい

 

インビザライン矯正の場合は喫煙するたびにマウスピースを取り外して多少は着色を防ぐことができるかもしれません。

しかしながら、喫煙後にマウスピースに色がつかないようにするために歯磨きなど口の中のお手入れを毎回することは現実的ではないかと思います。

そのため、喫煙しない方と比べるとどうしても着色しやすくなってしまいます。

 

○歯の動きが遅くなる

 

喫煙をすると身体の血流が滞って代謝が悪くなります。お口の中も同様に代謝が悪くなってしまい、歯が動く速度にも影響が出てきてしまうのです

このように代謝が悪くなると思うように歯が動かず、治療計画がスムーズに進まずに矯正の期間が長くなってしまう可能性があります。

 

喫煙によるお口の中のトラブルとは?

インビザライン 喫煙

喫煙は矯正治療だけではなく、お口の中でトラブルが起きやすいというリスクがあります。よくある代表的なトラブルをご紹介いたしますので、この機会に喫煙についてご一考いただけますと幸いです。

 

○歯に色がつきやすい

 

タバコに含まれているタールの影響で歯に色がつきやすいです。タバコによる歯の着色汚れは飲食の汚れよりも粘り気があるため落ちにくく、黄ばみを定着させやすい性質をもっています。

そのため、タバコの着色汚れは通常のブラッシングではなかなか落ちにくいです。


○歯茎が変色しやすい

 

歯に色がつきやすくなる原因であるタールは歯茎にも影響を及ばすのです。

タバコに含まれるタールやニコチンといった有害物質から歯茎を守るために、メラニンがつくられて歯茎が黒く変色しやすいといわれています。

 

○口臭が強く出やすくなる

 

喫煙していると唾液が出にくくなり、お口の中が乾きやすくなります。

唾液にはお口の中の汚れを洗い流す「自浄作用」という働きがあるため、唾液が少なくなるとお口の中の汚れが流れにくくなってしまうのです。

歯についた汚れが流れにくく、そのままにしていると細菌が増えることが原因で口臭が強く出やすくなります。

 

○虫歯になりやすい

 

タバコと虫歯は一見関係ないように思えますが、実はタバコの中に含まれているタールが原因で虫歯リスクが高くなります。

タールは粘り気があるため、歯につくと歯とお口の中の汚れを付きやすくしてしまうのです。

ですので、タバコを吸っていない患者さまと比較すると歯に汚れが付きやすく、唾液の自浄作用も期待できないため虫歯ができやすくなります。

 

○歯周病になりやすい

 

タバコの中に含まれているニコチンが原因で歯周病になりやすくなります。ニコチンは血管を収縮させてしまうため、歯肉が腫れても出血が起こりにくくなるのです。

そのため、患者さまご本人も気づかない間に歯周病が進行してしまう可能性があります。

歯周病は歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしていくため、歯周病が進んでしまうとインビザライン矯正のみならず矯正治療ができなくなってしまうのです

 

○お口の中のガンの原因になる

 

タバコは身体だけではなく、お口の中のガンの原因にもなってしまいます。お口の中のガンは単なる口内炎だと思われて見落としがちですが、歯肉ガンや舌ガンなどタバコを吸っている方に発生しやすいです。

 

 

受動喫煙による周囲への影響

 

インビザライン 喫煙

 

タバコは喫煙をしているご自身だけではなく、周囲への影響も見逃せるものではありません。

人が吸っているタバコの煙を吸い込んでしまうことを「受動喫煙」といいます。

受動喫煙は身体への悪影響だけではなく、家族に喫煙者がいるお子さんは三歳までに虫歯になる確率が二倍近くになる可能性があるという研究結果がでているほど歯にも影響があるのです。

また、家族に喫煙者がいるお子さんは歯茎が黒く変色していることがあります。小さなお子さんがいらっしゃる患者さまは特に喫煙について注意が必要です。

 

電子タバコや加熱式タバコなら問題ない?

 

インビザライン 喫煙

 

近年人気のある電子タバコやアイコスなどの加熱式タバコでしたら、従来のタバコよりも身体への影響が少ないように感じている患者さまも多いかと思います。

こちらでは、電子タバコ、加熱式タバコとインビザライン矯正についてお話しさせていただきますね。

 


○電子タバコとインビザライン矯正

 

電子タバコとは、タバコの味やかおりを楽しむための専用のリキッドを気化させてその蒸気を嗜むものです。日本ではニコチンが含まれるものは購入することができず、タバコ製品としての販売はしていません。

そのため、ニコチンやタールの弊害が少なくインビザライン矯正の治療にも影響が出にくいです。

しかしながら、電子タバコは比較的新しいものですので長期間使用し続けたときの影響はまだハッキリとはわかっていません。

 


○加熱式タバコとインビザライン矯正

 

加熱式タバコの特徴はタバコの葉を使用しているという点にあります。

電子タバコはタバコの味やかおりを嗜むものですが、加熱式タバコは実際にタバコの葉を使用してタバコ本来の味やかおりを嗜むことができるためタバコ製品として販売されています。

火を使わないため煙や灰はでず、従来のタバコよりもタールが少ないため着色汚れが付きにくいです。

しかしながら、タバコの葉を使用していることからニコチンが含まれているためインビザライン矯正中に使用していると歯の動きが悪くなります。

 

当院のインビザライン矯正

 

インビザライン 歯科医院

 

当院では、目立たないマウスピース矯正のインビザラインはもちろん、「ワイヤー矯正」や「小児矯正」も取り扱っております

ワイヤー矯正では前歯の部分に白い器具を使った目立たない矯正を採用しているため、インビザラインだけでは矯正治療が難しい方でも満足して治療を進めていただけるので安心して下さい

当院のインビザライン矯正については以下のリンクから確認してください

北戸田coco歯科矯正専門サイト

 

まとめ

 

矯正治療のみならず矯正治療以外でも喫煙をすると唾液の分泌が抑えられてしまい、お口の中に汚れが溜まりやすくなるため虫歯ができやすいです。そして、お口の中が乾燥していると口臭も強く出やすくなります。

また喫煙していて全身の血流が滞り、代謝が悪くなるとお口の中にも影響がでてくるためインビザライン矯正をはじめても歯の動きが悪くなるのです。

喫煙でインビザライン矯正が全くできないわけではありませんが、通常よりも長期間マウスピースをはめることになる可能性が高くなります。

喫煙がお口の中やインビザライン矯正治療に影響があることがおわかりいただけたのではないかと思います。この機会に禁煙をお考えいただけましたら幸いです。