笑うと目立つ八重歯!インビザライン矯正で治療したほうがいい?|戸田市の歯医者|北戸田COCO歯科

BLOG 医院ブログ

笑うと目立つ八重歯!インビザライン矯正で治療したほうがいい?

こんにちは北戸田coco歯科です

日本では一時期「八重歯」が流行っていたことがあり、つけ八重歯なんてものが出てくるほどでした。しかし八重歯は歯並びや噛み合わせからみても、良いとは言えません。

今回はインビザライン矯正で八重歯の治療ができるのかどうかお話ししていきます

 

●八重歯ってどんな歯並び?

インビザライン 八重歯

一般的に「八重歯(やえば)」と呼ばれる歯並びは、歯科用語で「叢生(そうせい)」と呼ばれます。

犬歯(前歯から数えて3番目の尖っている歯)が前に出ていたり他の歯と重なってデコボコとした歯並びのことで不正咬合の1つでもあります。

特に犬歯は尖った形をしていて長く、歯列の外側にはみ出てしまっていると他の歯と比べて目立つのでお顔の印象も変えてしまいます。

➖八重歯になってしまう原因

八重歯になってしまう大きな原因の一つとして挙げられるのが、顎が小さくて歯が並ぶスペースがないために歯列から飛び出てしまうケースです。

私たちの顎の骨は、食生活の変化から昔ほど硬いものを食べなくなったため顎が発達しなくなり顔の小さい人が増えています。しかし、歯のサイズは変わらないため歯がうまく並び切らずにガチャガチャになってしまうのです。

また、犬歯は他の永久歯よりも生えてくる時期が遅いので特に歯列からはみ出てしまいやすいのです。

 

➖八重歯があるとどんな悪影響がある?


不正咬合の中でもあまりマイナスのイメージがない八重歯ですが、本来とはズレている位置に生えていることもありお口の健康にとっては悪影響の方が多いです。

・食べ物が詰まりやすい
・歯磨きがしにくい
・フロスや歯間ブラシがしにくい
・虫歯になりやすい
・歯周病になりやすい
・歯が重なり合っているので、虫歯が見つけにくい
・歯が当たってお口の中を傷つけやすい
・八重歯が邪魔をして口を閉じにくくなる(口臭の原因になる)

特に八重歯と他の歯が重なり合っている場合は、歯磨きが難しくとても汚れが溜まりやすくなります。虫歯や歯周病の原因になるだけでなく、口臭などの原因にもなりますので早めに治療していきましょう

 

➖日本では流行った八重歯、海外では敬遠される

インビザライン 八重歯

 

日本では一時期アイドルの影響もあり八重歯ブームが巻き起こり、つけ八重歯(!!)をつける方もいるほどでした。

少し見える八重歯は小悪魔のような可愛らしい印象を与えると言われていますが、海外ではバンパイアティース(吸血鬼の歯)として敬遠されています。

歯科矯正をしてキレイに整っている歯並びがステータスなので、八重歯があることが理解できない人が多いようです。

見た目の問題だけでなく、虫歯や歯周病のリスクを考えるとやはり八重歯は矯正治療で治すことをおすすめしています。

 

インビザライン矯正で八重歯を治療するには

 

インビザライン とは

 

インビザラインで八重歯を治療することは可能ですが、先ほど説明した八重歯の度合いにもよります。

重度の叢生による八重歯の場合は歯が並ぶスペースがないために、抜歯の必要があることがあります。

抜歯の数が多いとインビザライン矯正の適応にならないこともあるのでワイヤー矯正で進めていきます。

インビザライン矯正で八重歯を治す方法は大きく分けて3つあります。では、どんなのものあるのかご紹介しますね。


1. 歯を抜いて他の歯が入りきれるようにスペースを作る
2. 歯の並び方のアーチを全体的に広げて、歯を抜かずに並べる
3. 歯と歯の隙間を少しだけ削って隙間を作って、歯を抜かずに並べる

 

できれば抜歯をしないで矯正治療を進めたいと考えている方もいるとお澪ます。歯を抜かずに治療していく方法も上記のとおりありますので、患者さまの症例で選択できるものを矯正専門の歯科医師と相談するようにしましょう。

 

八重歯をインビザライン矯正で治療する場合どれぐらいの期間がかかる?

 

インビザライン 期間

 

八重歯だからといって他の矯正と極端に期間が長引く、早まるということはありません。基本的にどの矯正治療も2年から3年かかると考えておきましょう。

ただインビザライン矯正は患者さまご本人で歯科医師の指示通りのマウスピースの装着時間とマウスピースの交換を行う必要があります。マウスピースの装着や交換、通院をサボってしまうと治療期間が伸びてしまうので自己管理をしっかりと行う必要があります。

 

インビザライン矯正とワイヤー矯正を併用することもあります

 

 

歯並びは人のよってさまざまですので、患者さまの症例によってはインビザライン矯正のみでは治療が難しい場合もあります。

そのように場合には、インビザライン矯正とワイヤー矯正併用して治療を進めていくこともあります。併用していくことで、ワイヤー矯正を最低限の期間だけに抑えて治療をすることができるためです。

インビザライン矯正単体でも専門的な知識が必要な治療ですが、他の矯正器具を併用して治療するにはさらなる深い知識と経験が必要になってきますので、信頼のできる矯正専門の歯科医師とご相談していただくと良いでしょう。

当院では、インビザライン矯正をする全ての患者様にワイヤー矯正を併用する場合もあることをご説明しご了承を得ています。

 

当院のインビザライン矯正について

 

インビザライン 歯科医院

 

当院では、目立たないマウスピース矯正のインビザラインはもちろん、ワイヤー矯正や小児矯正も取り扱っております

ワイヤー矯正では前歯の部分に白い器具を使った目立たない矯正を採用しているため、インビザラインだけでは矯正治療が難しい方でも満足して治療を進めていただけるので安心して下さい

 

当院の矯正治療については以下のリンクからチェックしてみてください

北戸田coco歯科の矯正専門サイト

 

 

まとめ

 

八重歯は叢生(そうせい)と呼ばれる不正咬合の一つで、そのままにしておくと汚れが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病の原因になってしまいます。

また、見た目にも目立つ歯並びですので早めに矯正治療で正しい位置に戻すことをおすすめしています。八重歯の状態にもよりますがインビザライン矯正だけでも治療が可能ですのでお気軽にご相談ください。

また、重度の叢生の方はワイヤー矯正との併用になる可能性があること、または目立たないワイヤー矯正で進めていくこともあります。ご了承ください。

当院でも矯正治療の無料相談を行っていますのでお気軽にご相談下さいね!