• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

インビザラインの保定

2020年3月24日

北戸田COCO歯科 院長 田口です

桜も開花し、春らしくなってきましたね

 

 

さて、インビザラインによる矯正治療が終了しても、実はしばらく装置の装着が必要です。と言うのも、矯正治療後は歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」という状態が起きやすいからです。この後戻りを防ぐための期間が「保定」です。今回は、インビザライン後の保定についてお話をいたします。

 

矯正治療終了後の歯の状態とは?

 

矯正治療は矯正装置を装着して歯に弱い力を加え、少しずつ歯を動かしていきます。インビザラインの場合、透明のリテーナーを交換しながら歯並びと噛み合わせを整えていきます。

 

矯正治療が終了し、歯並びと噛み合わせに問題がなければ矯正装置を外します。長い年月をかけて行った矯正治療は、ここで終わりと思うかもしれません。しかし、ここから先は、きれいに並んだ歯並びをキープするための、とても大切な期間に入ります。と言うのも、矯正治療終了後の歯はまだ不安定で、元の位置に戻ろうとする性質があるからです。これを「後戻り」と言い、矯正治療後に起こる代表的なトラブルです。せっかく長い時間をかけて矯正治療を行っても、後戻りが起きて歯並びが乱れてしまったら、元も子もありません。

この後戻りを防ぐための期間を「保定期間」といい、装着する装置を「リテーナー」と言います。

 

保定期間はどのくらい?

 

長い月日をかけて歯並びを整え、矯正治療が終わった瞬間思う事は、キレイに整った歯並びの満足感と「やっと装置がない生活が送れる!」という開放感ではないでしょうか。矯正装置を付けて過ごすことがストレスになったこともあると思います。その状態を終え、口の中に何もない状態で日常を過ごすことができると思われるかもしれませんが、矯正治療後の歯は元の位置に戻ろうとする性質があるためリテーナーを欠かすことができないのです。

 

ではどのくらいの期間リテーナーを付けておく必要があるのでしょうか。インビザライン後のリテーナーは、アライナーと同じようなマウスピースです。同じように見えるこのリテーナーは歯を動かすものではなく、歯を動かないようにすることを目的としています。保定期間は、矯正治療を行ったのと同じくらいの期間が最低限必要です。最初は食事や歯磨きのときだけ外し、少しずつリテーナーを外す時間を長くします。

保定期間が長いことに問題はありません。中には後戻りが心配だから、とほぼ一日中付けている方もいらっしゃいます。

 

このように、せっかく長い期間をかけて手に入れたきれいな歯並びをキープするための保定期間はとても重要なのです。

 

矯正治療は治療期間が長くなります。ですが、最後まできちんと治療することにより、ずっとそのままの歯並びをキープすることが出来ます

 

そのことをきちんと理解したうえで矯正治療を行いましょう

気になる方は、お気軽に北戸田COCO歯科(048-229-8185)にご連絡ください