• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

「金属アレルギー」があってもインビザライン矯正は問題ない?

2021年7月27日

こんにちは北戸田coco歯科です

一般的に矯正治療といえば、金属を使ったワイヤー矯正を思い浮かべる患者さまが多いかと思います。

金属アレルギーのある方は金属を使っているというだけで、矯正治療をすることは難しいと諦めてしまう患者さまもいらっしゃるでしょう。

しかし、実は矯正治療には種類がありメタルフリー治療が可能なものもあります。それではメタルを使わずにできる矯正治療についてお話させていただきますね。

 

インビザライン矯正は金属アレルギーがある方におすすめ

 

 

 

ワイヤー矯正は金属を使うので重度の金属アレルギーの方には向いていません。

その点、インビザライン矯正では金属を使うことなく治療することができるため金属アレルギーの患者さまも安心して受けることができます


・ワイヤー矯正の金属はアレルギーが出にくいのでは?

 

ワイヤー矯正に使っている金属はアレルギーが出にくいものを使用しています。

しかしながら、金属アレルギーの可能性が少しでもある患者さまは避けてください。なぜならお口の中は金属が溶けやく、通常よりもアレルギー反応がでやすいからです。


・お口の中の金属は他の箇所にはアレルギー反応がでないの?

 

お口の中にある金属が原因だとしても、金属アレルギーの症状が指先など全く違う箇所にかゆみや湿疹などがでることも少なくありません。

このような場合には、すぐにお口の中の金属が原因だとはわからないことが多いです。

 

お口の中に入れた金属が原因で起こるアレルギー症状とは?

 

インビザライン トラブル

 

・金属アレルギーがあるとお口の中でどのような症状がでるの?

 

○口内炎が頻繁にできやすくなる
○唇が赤く腫れたり、ただれてしまう
○かゆみが治まらない
○じんましんがでやすくなる


金属アレルギーの症状は人によって違います。口内炎がたまたま疲労など別の原因で出ているのか、アレルギーで出ているのかはすぐにわかることではないかもしれません。

頻繁にできやすくなったりと気になる症状があり、なかなか治らない場合には金属アレルギーの可能性があります。


・お口の中以外にでるアレルギー症状とは?

○痒みのある発疹がでやすくなる
○偽アトピー性皮膚炎がでやすい
○手足などお口から離れているところにも頻繁に皮膚炎ができる


お口の中の唾液でイオン化された金属が全身を巡って原因となる金属がある場所とは離れた場所に起きる金属アレルギーは「全身性金属アレルギー」といいます。

この全身性金属アレルギーは金属がある場所とは違うところに症状がでるため、病院で受診しても皮膚炎や偽アトピー性皮膚炎などと誤診されてしまうことが多いです。


・金属アレルギーがある人は金属に触れるとすぐにアレルギー症状がでるの?

 

金属アレルギーは金属に触れるとすぐにアレルギー症状が出るわけではありません。

原因となる金属が徐々にイオン化して体内に蓄積されていき、濃度が高くなって出てきたときにはじめて湿疹などのアレルギー症状がでるのです。

そのため、多くの患者さまが金属をお口の中に入れてからおよそ五年以上の歳月が経った後に気づきます

しかし、重度の金属アレルギーをお持ちの患者さまは症状が出やすく、短い期間で強いアレルギー症状が出ることもあるため注意が必要です。

 

インビザライン矯正で金属を使うことはない?

 

インビザライン とは

 

インビザライン矯正は透明なプラスチック素材のマウスピースを使って治療する歯科矯正です。

インビザライン矯正で使用する装置のほとんどはメタルフリー素材となっていますが、ほんの一部だけ金属を使用することもあります。

しかしながら、金属のものの代わりにプラスチック素材ものもありますので重度の金属アレルギーの方は歯科医師とよくご相談くださいね。

 

・インビザライン矯正で使うマウスピース以外のものとは?

 

インビザライン矯正治療で使用するマウスピースはプラスチック素材とお伝えいたしました。では、マウスピース以外はどんな素材でできているのでしょうか。

金属アレルギーをお持ちの患者さまでも安心して治療ができるように、よくご確認いただけましたら幸いです。

 

○ゴムかけ:金属タイプと樹脂タイプがある

 

インビザライン 顎間ゴム

顎間ゴム

 

インビザライン矯正中に上下の噛み合わせを調整させるためにゴムを引っ掛けて力を加えるという治療があります。このゴムを引っ掛けるための装置を「ボタン」といいます。

このボタンは歯と同じような色で目立ちにくい樹脂(プラスチック)タイプ歯から外れにくい金属タイプがあるのです。

金属タイプはもちろんアレルギーがでにくい素材ではありますが、重度の金属アレルギーの患者さまは樹脂タイプを使用することで安心して治療を進めることができます。

 

○アタッチメント:樹脂の材料を使うので金属は使わない

 

 

アタッチメントとは歯の表面に貼りつけるボコッとした突起です。

インビザライン矯正はマウスピースで力をかけて歯を動かしていきますが、その力をアシストするのがアタッチメントとなります。

このアタッチメントは樹脂(プラスチック)素材のため金属アレルギーの心配がありません。

 

関連記事:アタッチメントについて【インビザライン矯正の処置】

 

保定装置(リテーナー)も金属は使っていない?

 

インビザライン マウスピース 臭い

 

インビザライン矯正中の装置については、金属を使わなくても治療ができることがおわかりいただけたのではないかと思います。

それでは、インビザライン矯正治療後に歯の後戻りを防ぐ保定装置(リテーナー)はどのようなものを使用するのかお話しさせていただきますね

 

・リテーナーはどんな種類があるの?

 

リテーナーは大まかに分けて3種類あります。もっとも多く使われているのが取り外しができてワイヤーとプラスチック素材の両方を使用している「プレートタイプ」です。

そして直接歯につける固定式の「フィックスタイプ」、取外し可能な「マウスピースタイプ」があります。


・金属を使っていないリテーナーはあるの?

 

上記でお伝えした3種類のうち、プレートタイプとフィックスタイプのリテーナーは金属を使用した装置です。ですので金属アレルギーのある患者さまは避けてください。

マウスピースタイプのリテーナーでしたら、金属を使っていませんので金属アレルギーのある方でも安心して使用することができます

マウスピースタイプはインビザライン矯正のマウスピースと同じく透明で目立ちにくいです。


・マウスピースタイプのリテーナーの注意点とは?

 

マウスピースタイプのリテーナーは、長く使っているうちに必ず噛む面(咬合面)に力がかかって傷がついたり穴が空いてきてしまうのです。

小さな穴であれば問題なく使用し続けることができるのですが、穴が大きくなってしまったり破れてしまった際には再製作する必要があるのです。

リテーナーは壊れてしまったかたといって、その場ですぐに再製作してお渡しできるものではありません。

せっかく治療した歯の後戻りを防ぐためにも、マウスピースタイプのリテーナーに穴が空いてきたらお早めに歯科医院へご相談ください。

 

当院のインビザライン

 

北戸田coco歯科

 

当院では、目立たないマウスピース矯正のインビザラインはもちろん、ワイヤー矯正や小児矯正も取り扱っております

ワイヤー矯正では前歯の部分に白い器具を使った目立たない矯正を採用しているため、インビザラインだけでは矯正治療が難しい方でも満足して治療を進めていただけるので安心して下さい

またインビザラインとワイヤー矯正の併用など、その人のお口にあった矯正方法をご提供させていただきます

安心して治療を受けていただけます

また、治療費の負担を少なくするためにインビザラインの費用を最大70万円(別途調整量なし)に設定しているところが大きな強みです

 

他院よりも少しでもリーズナブルに、そしてクオリティの高いインビザラインの治療を受けてもらいたいと丁寧な治療を心がけております。

 

矯正治療を考えている方はお気軽にご相談下さい

 

<当院の矯正治療の費用(参考)>

相談料:無料
再診料(2回目以降の来院時)
早期治療の場合:3,000円
本格治療の場合:5,000円
検査・診断料:30,000円
早期治療(小児):300,000円
本格治療(大人の歯が生え揃っている場合):650,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン):300,000円~700,000円
早期治療から本格治療へ移行の場合:350,000円

 

ワイヤー矯正の併用が必要な方は費用が変更することがあります。お支払いについては、自費診療の場合クレジットカードも使用できますので、お気軽にご相談下さい

 

矯正中のトラブルにも丁寧に対応させていただきますので、もし不安なことや気になることがあれば何でもご相談くださいね!もちろん当院では歯肉退縮などのトラブルに注意しながらインビザラインの治療計画を立てていきますので安心してください

 

まとめ


歯科矯正といえばワイヤー矯正を思い浮かべる患者さまも多いかと思いますが、インビザライン矯正であれば金属を使わずに治療ができるため金属アレルギーがあっても安心して受けることができるのです

矯正治療中だけではなく、治療終了後に使用するリテーナーもメタルフリー素材のものがあります。

重度の金属アレルギーをお持ちの患者さまで矯正治療を諦めていた方も、ぜひインビザライン矯正で理想的な歯並びを目指しましょう。