• 女性医師
    保育士在籍

  • 北戸田駅
    すぐ

埼玉県戸田市大字新曽2002-1 プルメリア北戸田1階

048-229-8185

BLOG

24時間WEB予約

顎顔面矯正とは?子どもの歯並びを治すと体質やお口ポカンの改善も

2021年11月15日


「子どもの歯並びが悪い」

「うちの子はサ行とタ行をはっきり発音できない」

「受け口や出っ歯になっている」

 

お子さんのことで、こんなお悩みをお持ちではありませんか?

 

小学校入学前で歯並びが悪いまま成長すると、骨格がそのまま大きくなり歯並びの悪さがもっと強くなってしまいます。

 

でも、ご安心ください。それを改善できるのが顎顔面矯正です。

ここでは、顎顔面矯正について詳しくご紹介しますね。

 

1. 顎顔面矯正とは?


顎顔面矯正とは、歯並びだけでなく顎の骨格まで考えて行う、子どもに特化した矯正治療のことです。

 

大人と違って成長中の子どもの骨格はまだ柔らかいので、成長を正しくコントロールすることでガチャガチャの歯や出っ歯、受け口などを無理なく改善することができます。

 

顎顔面矯正の対応年齢は5〜12歳くらいまでです。特に、6〜8歳は骨格がもっとも成長する時期なのでベストタイミングです。

 

2. 顎顔面矯正のメリット


顎顔面矯正には歯並びの改善はもちろんのこと、その他にもたくさんのメリットがあります。

 

  • ●歯並びに関するメリット
  • ・歯並びや咬み合わせが良くなり、見た目がよくなる
  • ・歯並びや咬み合わせが良くなり、コンプレックスがなくなる
  • ・歯並びがよくなり歯磨きしやすくなるので虫歯予防ができる
  • ・歯並びがよくなり滑舌がよくなる
  • ●全身に関するメリット
  • ・口呼吸が改善される
  • ・アレルギー性鼻炎が改善される
  • ・アトピーが改善される
  • ・いびきや睡眠時無呼吸が改善される
  • ・姿勢が良くなる
  • ・落ち着きのなさが改善される
  • ・よく噛めるようになるので消化がよくなる
  • ●その他に関するメリット
  • ・運動能力が上がる
  • ・集中力が増す
  • ・肩こりが改善される
  • ・大きくなってからの矯正より安く済む

 

こんなにたくさんのメリットがあるなんて、ちょっと驚きですね。

 

あごは全身の要。そのあごを正しく矯正すると、鼻が通るようになるので外からの細菌を吸い込まなくなり、鼻詰まりが治るのでぼんやりすることがなくなります。

 

姿勢がよくなるので性格も明るくなり、自信が持てるようになったという例もあります。

 

後ほど理由を説明しますが、鼻が通れば集中力が上がり、親御さんにとって気がかりなお勉強の成績も上がる可能性が高いですよ。

 

3. 顎顔面矯正のデメリット


一方、顎顔面矯正のデメリットは、矯正中に起こることです。

 

  • ・一時的な痛みが出ることがある
  • ・一時的にすきっ歯になることがある

 

一時的な痛みは、歯が押される時に出る痛みです。一時的にすきっ歯になるのは、あごを広げることで歯の土台の面積が大きくなるからです。

 

スペースができれば自然に正しい位置や向きに戻っていきますが、それでも隙間が空いている場合は、重なっていた歯をワイヤー矯正で少しずつ動かすと、治療後には隙間がなくなります。

 

4. 顎顔面矯正にはどんな装置を使うの?

顎顔面矯正の治療には、主に急速拡大装置を使います。その他、ケースによってフェイスマスクヘッドギアを使う場合があります。

 

4-1. 【矯正拡大装置】


上あごが小さい場合
は、薄い金属でできた装置を上あごの内側につけ、バネを少しずつ調整してあごを広げていきます。

 



上あごの骨は、丸みがかったプレート左右のが真ん中で合わさってできています。それを左右に少しずつ広げていくイメージです。ワイヤー矯正のような装置とは異なるため、歯が動く痛みはありません

 

あごが通常よりも小さいと、歯が重なったり横の側面の歯が引っ込んだりしてしまいますが、矯正拡大装置で上あごを広げると、スペースにゆとりが生まれて歯が正しく並ぶことができるのです。

 

4-2. 【フェイスマスクとヘッドギア】

(イラストはヘッドギア。フェイスマスクはおでことあごを支えにして装置をつけます)


フェイスマスクとヘッドギアは受け口の治療に使われるものです。

 

フェイスマスクは下あごの成長を抑えてゆるやかにする時に使います。ヘッドギアは上あごの成長を抑えてゆるやかにする時に使います。

 

こうすることで、上あごの成長とのバランスを調整します。

 

5. 顎顔面矯正にかかる費用と期間


顎顔面矯正にかかる費用と期間は次のとおりです。

 

費用:20〜50万円
期間:1〜2年

 

詳しく説明しますね。

 

5-1. 顎顔面矯正にかかる費用と期間

顎顔面矯正の費用相場は、

 

20〜50万円

 

です。金額に開きがあるのは、症状の重さや治療期間などが関係するからです。永久歯が生え揃ってから行う矯正治療の約半額以下の費用になります。

 

基本的に矯正治療には保険が使えませんが、1年間で家族全員の10万円以上の医療費がかかった場合は医療費控除が利用できます。

 

医療費控除は、確定申告で申請すると住民税などが控除されるしくみです。

詳しくは国税庁のホームページに載っていますので、知りたい方は確認してみてくださいね。

 

国税庁「医療費を支払ったとき(医療費控除)」

 

あわせて読みたい!

知らないと損する!保険がきかない子どもの矯正で利用できる裏技4つ

 

5-2. 顎顔面矯正にかかる期間

顎顔面矯正にかかる期間は、だいたい、

 

1〜2年程度

 

です。永久歯が生え揃う前までに終了すれば、ほとんど後戻りもしません

 

装置をつける時間は1日12時間以上です。家にいる時や寝ている時だけつけていればいいので、学校に行くときは外してかまいません

 

通う頻度は月に1回。毎週のように通わなくていいので思ったよりも楽ですよ。

 

6. 歯並びが悪いままだとこんな悪影響が!


「乳歯の段階で歯並びが悪くても、あごが成長すれば歯並びも自然によくなるのでは?」

と考える方も多いのですが、それは大きな間違いです。

 

乳歯の歯並びが悪いままだと、その歯並びに沿ってあごが成長してしまうからです。

 

それに加えて重要なのが、鼻呼吸のままになってしまうことです。

 

鼻呼吸をしていると、以下のようないろいろなリスクがあります。

 

  • ・口呼吸になるので空気中のホコリや花粉、ウイルスが口から入る
  • ・酸素が脳に行き届きにくくなる
  • ・いびきや睡眠時無呼吸症候群になりやすくなる
  • ・アレルギーを起こしやすい
  • ・扁桃腺が腫れやすくなる

 

口呼吸は外からのホコリや花粉、ウイルスなどをダイレクトに体内に取り込んでしまいます。これは、ハウスダストや花粉アレルギーなどを引き起こす一因です。

しかし、鼻呼吸は鼻毛や鼻水などの粘膜がフィルターの役割をして、ホコリ・花粉・ウイルスをシャットアウトしてくれます。

 

また、鼻は脳に近いため酸素を送りやすいですが、口呼吸からの酸素は肺に行くので脳に行く酸素量が少なくなります。

 

これにより、集中力が散漫になって落ち着きがなくなったり、いつもぼーっとしているようになったりするのです。

 

顎顔面矯正であごを広げると鼻腔(鼻の中の空気の通り道)が広がるため、鼻で呼吸しやすくなります。

 

7. まとめ

顎顔面矯正をすると、あごの成長を利用して歯並びや咬み合わせを矯正できるので、大人になってからのワイヤー矯正などを長期間しなくて済みます。

ワイヤー矯正などの痛い治療ではなく、治療費も永久歯に半額以下に抑えられるので、歯並びの悪いお子さんは小学校低学年までに顎顔面矯正をするのがおすすめですよ。

 

◆この記事のまとめ
1. 顎顔面矯正はあごと歯の咬み合わせを矯正する子どものための治療
2. 顎顔面矯正には主に急速拡大装置を使う
3. 鼻呼吸になるのでアレルギー体質などを改善できる
4. 鼻呼吸になると脳に酸素が行きやすくなり、落ち着きのなさなども改善できる
5. 治療費用相場は20〜50万円程度
6. 1日12時間以上装着で、期間は1〜2年。月1回の通院